スポンサーリンク

 

昨日は富士山とその周辺の探鳥地を巡ってきました。

まずはコマドリを探して富士山の中腹にある高鉢へ。

 

駐車場から遊歩道に入るとメボソムシクイが枝の間を縫うように飛びつつさえずっていました。

メボソムシクイ

開けた場所ではさえずらず、ほとんどが枝越しの観察になりましたが、比較的近くで見ることができました。

その後も遊歩道のいたるところでメボソムシクイのさえずりが聞こえたので個体数は多いようです。

 

メボソムシクイに負けじとルリビタキもよくさえずっていました。

メボソムシクイと同じくルリビタキも数が多いようで、遊歩道のいたるところでさえずりが聞こえました。

 

その後、ガラン沢方面へ歩いていると遠くからコマドリのさえずりが聞こえたので近くまで行ってみましたが、写真の撮れるような場所に出てきてくれることはありませんでした。

ただ、コマドリがいた場所はそこまで鬱蒼としていたわけではなかったので、しばらく待っていれば出てきてくれたかもしれません。

 

コマドリを諦めて折り返すと、なぜか全く警戒心のないヒガラが目の前に降りてきました。

ヒガラ

ちょこまか動き回っていることの多いヒガラですが、今回は枯れ木の上でしばらくじっとしていてくれました。

 

ヒガラの近くではコガラも見ることができました。

コガラ

コガラはヒガラと違ってちょこまかと動き回っていました。

 

遊歩道ではミソサザイも多く見られ、時折近くに来ては大きな声でさえずっていました。

 

ミソサザイを見ていると、足元からコルリが出てきましたが、すぐに藪の中に消えてしまい、その後も出てくることはありませんでした。

 

木々の上の方では2羽のキビタキのオスが縄張り争いの真っ最中。

大きな羽音を立てて追いかけっこをしていました。

 

駐車場に出る一歩手前で、キバシリが目の前の木を登っていきましたが、気付いた時には木の上の方でその後、林の奥へ消えていきました。

 

高鉢の次は富士宮口五合目へ。

宝永山火口への歩道に入ると、ここでもルリビタキが盛んにさえずっていました。

ルリビタキ

ルリビタキが近くに来た時は丁度霧が濃くなり、視界の悪い中での観察となりましたが、綺麗な青いオスでした。

 

宝永山の河口では数羽のアマツバメが飛び回っていましたが、早すぎて写真に収めることはできず。

 

諦めて駐車場まで戻ると、遠くでさえずっているカヤクグリを見ることができました。

カヤクグリ

 

その後は富士山を下りながら西臼塚でツツドリの鳴き声、丸火自然公園でイカルやセンダイムシクイなどを確認しました。

富士山から下りた後は前回ケリやタマシギを観察した浮島ヶ原へ。

 

相変わらずケリはよく見られ、田園地帯の至ることろで観察することができました。

 

ヨシが生えている一角からはヒクイナが飛び出してきました。

ヒクイナ

ヒクイナは田んぼを歩き回ったあとヨシの中へ消えていきましたが、田んぼ1区画程度の狭いヨシ原だったのでここがお気に入りならヒクイナを観察するのに最適な場所になりそうです。

 

田んぼを見ているとコチドリがこちらに飛んできたので、何事かと思うと足元からヒナが飛び出してきました。

コチドリのヒナ

親鳥がかなり警戒していたので、さっと観察してすぐにその場を立ち去りました。

 

浮島ヶ原でバードウォッチングを終えた後は、締めに水辺の野鳥を見に牛臥山公園へ。

 

野鳥はあまり見られませんでしたが、上空を飛び交うツバメやイソヒヨドリ、岩場で休むチュウシャクシギの群れなどが見られました。

チュウシャクシギ

 

今回はとても多くの野鳥を観察することができましたが、マミジロやイワヒバリなどが見られなかったので、次回の目標にしたいと思います。

 

今回確認した野鳥

高鉢

アオバト
カケス
キセキレイ
キバシリ
キビタキ
コガラ
コマドリ
コルリ
ヒガラ
ミソサザイ
メボソムシクイ
ヤマガラ
ルリビタキ

富士山富士宮口五合目

アマツバメ
ウグイス
カヤクグリ
ヒガラ
ミソサザイ
ルリビタキ

西臼塚

ツツドリ

丸火自然公園

イカル
センダイムシクイ
ヒヨドリ

浮島ヶ原

オオヨシキリ
カワウ
キジ
ケリ
コチドリ
セッカ
チュウサギ
ドバト
ヒクイナ

牛臥山公園

イソヒヨドリ
チュウシャクシギ
ツバメ
トビ
ムクドリ

スポンサーリンク