スポンサーリンク

 

昨日は三番瀬でミヤコドリを観察する前に茨城県の涸沼へ行っていました。

今回は茨城町東ICで降りて涸沼の西側から探鳥を開始。

 

到着して早速、涸沼川にかかる橋のたもとで電線に止まるミヤマガラスを発見。

ミヤマガラス

ミヤマガラスは数羽の群れで行動しており、時折田んぼに下りてエサを探していました。

 

涸沼西側に広がる駒場の田んぼでは電柱に止まるハヤブサを発見。

ハヤブサ

ハヤブサは2羽おり、2羽とも近くに止まってくれました。

 

1羽は救急車が爆音で真下を通り過ぎても全く気にする様子もなく、どっしりと構えていてくれたおかげで、じっくりと観察することができました。

 

また、しばらく観察していると2羽でスズメの群れに猛スピードで突っ込んでいきましたが、あえなく失敗。

戻ってきてまた同じ電柱に止まっていました。

ハヤブサ

 

ハヤブサの近くの標識にはノスリも止まっていました。

ノスリ

 

ハヤブサたち猛禽が見渡していた田んぼではタヒバリがよく見られました。

タヒバリ

広範囲に数羽づつ見られたので、全体では結構な数がいるようです。

普通のヒバリの群れも見つけましたが、すぐに飛ばれて見失ってしまいました。

 

その後、涸沼の西側をタゲリを探して走り回りましたが、見つけることができなかったのでとりあえず涸沼の湖畔へ。

涸沼にはマガモの大群が飛来していました。

ノスリ

 

ハジロカイツブリやカンムリカイツブリも多く見られました。

 

涸沼に刺さる杭にはミサゴ。

ミサゴ

しばらく見ていましたが、飛んではくれませんでした。

 

去年見られたオオジュリンは今年も見られました。

オオジュリン

 

オオジュリンと一緒にいたのはベニマシコの真っ赤なオス。

ベニマシコ

かなり見やすい位置にしばらく止まってくれたので、よく観察することができました。

 

ここでもタゲリは見つからなかったので、今年の初めにタゲリを観察した涸沼駅周辺の田んぼへ行くと、去年とほぼ同じ場所でタゲリの群れを発見。

タゲリ

タゲリの群れは三つの田んぼに散らばって採食中でした。

 

タゲリ

他にもタゲリの群れがいないか涸沼駅周辺を探し回ってみましたが、結局タゲリがいたのは最初に見つけた場所だけでした。

 

タゲリを探している途中にはオオタカも発見。

オオタカ

このあたりはスズメやムクドリが異常に多かったのでオオタカの格好の狩場になっているようです。

 

涸沼から東京方面へ戻る途中、茨城県神栖市筒井にある田んぼで、タゲリとタシギの群れを発見。

タゲリ

タゲリは涸沼よりも多い群れで、道路を挟んで左右の田んぼを行ったり来たりしていました。

 

タシギは3羽の群れで行動中。

タシギ

今回のタシギは警戒心が強く近づかせてくれないため、かなり遠くからの観察となりました。

視界が開けすぎて身を隠す場所がなかったのも問題でした。

 

ここで予想外のタゲリとタシギに時間を取られてしまったので、昨日の記事の三番瀬には30分しか滞在できませんでした。

 

今回確認した野鳥

アオサギ
アオジ
イソシギ
オオジュリン
オオタカ
オオバン
カルガモ
カワセミ
カワラヒワ
カンムリカイツブリ
ジョウビタキ
スズメ
セグロセキレイ
タゲリ
タシギ
タヒバリ
ツグミ
トビ
ノスリ
ハクセキレイ
ハジロカイツブリ
ハヤブサ
ヒバリ
ベニマシコ
マガモ
ミサゴ
ミヤマガラス
モズ

スポンサーリンク