スポンサーリンク

今日は千葉県印西市にある北総花の丘公園へ行ってきました。

まずはいつも通り戸神川防災調整池の野鳥観察窓へ。

オシドリがいなくなった調整池の畔の木々にはゴイサギやアオサギ、カワウなどが巣を作っていました。

 

異常繁殖しているカワウはもちろんのこと、アオサギやゴイサギなどのサギ類も多くの巣を作っていました。

これだけ目立つ場所にたくさんの巣があるとヒナを狙ってオオタカが出現しそうです。

抱卵中?のゴイサギ

ゴイサギの巣も複数確認できたので、今後ホシゴイ(ゴイサギの幼鳥)も多く見られそうです。

 

ゴイサギやカワウは卵を温めているようでしたが、アオサギは一足先にヒナが生まれていました。

アオサギとヒナ

ヒナは2羽いるようでしたが対岸でかなり遠くな上、巣材の枝が邪魔で時々顔が見える程度でした。

 

公園の南側にある田んぼには1羽のチュウサギがやってきていました。

チュウサギ

チュウサギの他にシギチドリがいないか畑を一通り探してみましたが、チュウサギ以外は見つけることができませんでした。

 

シギチドリの代わりに田んぼ脇にいたのはオオヨシキリ。

オオヨシキリ

オオヨシキリは1羽しか確認できませんでしたが、大きな声でさえずっていたため、遠くからでも存在を確認することができました。

 

オオヨシキリの近くでは、オオヨシキリに負けじとキジが大きな声で鳴いていました。

キジ

 

流石に冬鳥はほとんどいなくなっていましたが、それでもシメやアオジ、ツグミなどを確認することができました。

今回確認した野鳥

アオサギ
アオジ
オオバン
オオヨシキリ
カワウ
カワラヒワ
キジ
ゴイサギ
コサギ
シジュウカラ
シメ
ダイサギ
チュウサギ
ツグミ
ハクセキレイ
ホオジロ
マガモ
モズ
ヤマガラ

スポンサーリンク