スポンサーリンク

昨日は飯田ダム~涸沼~稲敷と茨城県の探鳥地をはしごしてきました。

まずは笠間市にある飯田ダムへ。

飯田ダムには笠間湖の周りを一周できる周遊路があるので、徒歩で笠間湖を1周しました。

周遊路

周遊路に入るとすぐに道路脇の林からアカゲラが飛び出してきましたが、アカゲラはすぐに林の奥の方に飛んで行ってしまいました。

飛び立った後も林の奥からアカゲラの声が聞こえていたのでしばらく待ってみましたが、さらに奥の方へと行ってしまいました。

 

アカゲラが飛び立った後の場所にはアカゲラの代わりにコゲラが残っていてくれました。

コゲラ

コゲラは周遊路で何度も観察できたので数は多いようです。

 

 

飯田ダムではトビも多くダム湖上空を旋回しているものや、ダム湖沿いの枝に止まっているものもいました。

トビ

 

カモたちはほとんど北へと帰ってしまったようで、残っていたのはキンクロハジロとコガモ。

キンクロハジロ

コガモ

その他に湖上で見られたのは留鳥のカルガモやカイツブリなど。

 

周遊路沿いの草むらにはベニマシコの群れがいましたが、気付かずに近づいてしまったため、遠くに飛ばれてしまいました。

 

飯田ダムでは特にめぼしい野鳥は見当たらなかったので早々に切り上げて、涸沼へ向かいました。

涸沼は最近、珍鳥カオグロアメリカムシクイの出現でとても賑わっていますが、先日朝日新聞にもカオグロアメリカムシクイの記事が掲載されたためか、今回も涸沼大橋脇の堤防にはカメラがずらっと並んでいました。

ざっと見ただけでも数十人のカメラマンに、堤防の下には数十台の車が止まっていて異様な光景でした。

人が少なければ一目でも見ておこうかと思いましたが、流石にこの大混雑ではカオグロアメリカムシクイを見る気にもなれなかったので今回はスルーしました。

 

そもそも涸沼へ来た目的はカオグロアメリカムシクイではなく、ヒレンジャクなのでヤドリギのある場所を確認しに行きました。

まずは涸沼自然公園からチェック開始。

わいわい広場にあるヤドリギには実は残っていましたが、残念ながらヒレンジャクは見られず。

わいわい広場のヤドリギ

 

次は本命の親沢公園。

親沢公園のヤドリギ

駐車場にあるヤドリギには実も十分残っていましたが、残念ながらヒレンジャクは来ていませんでした。

 

代わりに涸沼の湖上のはるか遠くに真っ黒な夏羽になったハジロカイツブリの群れが泳いでしました。

ハジロカイツブリの群れ

黒い塊が一斉に消えたり飛び出してきたりする様は観察していてとても面白かったです。

 

ヒレンジャクは確認できなかったので、涸沼の周りを少し回ってみました。

涸沼の西にある駒場の田んぼでは夏羽に換羽中のタヒバリを発見。

夏羽に換羽中のタヒバリ

だいぶ胸のオレンジ味が目立ってきていました。

 

涸沼大橋の近くではチュウヒのメスも上空を飛んでいましたが、写真に収めることはできませんでした。

 

涸沼を後にしてシギチドリを探しに稲敷へ。

浮島地区のハス田では局地的ですが、多くのシギチドリが見られました。

 

最初に見つけたのはタカブシギ。

タカブシギ

タカブシギは数羽の群れで採食していました。

 

タカブシギの近くにいたのはタシギ。

タシギ

保護色で気がつかずに何羽か飛ばしてしまいましたが、1羽だけ近くに残っていてくれました。

 

コチドリは一番数が多く、あぜ道を歩くと飛び立っては近くに降りてを繰り返していました。

コチドリ

 

クサシギはいつも通りお尻を振りながら歩いていました。

クサシギ

 

クサシギの近くでは涸沼に続いてタヒバリを見つけました。

タヒバリ

 

目的のヒレンジャクは空振りに終わってしまいましたが、1日でかなりの数を野鳥を観察することができました。

もう少しすれば涸沼や稲敷で渡りのシギチドリが多く観察できると思うので近々また訪れたいと思います。

 

今回確認した野鳥

飯田ダム

アオサギ
アオジ
アカゲラ
エナガ
オオバン
カイツブリ
ガビチョウ
カルガモ
カワウ
キンクロハジロ
コガモ
コゲラ
シジュウカラ
トビ
ベニマシコ
ヤマガラ

涸沼

カケス
カワラヒワ
カンムリカイツブリ
キジ
ジョウビタキ
シロハラ
タヒバリ
チュウヒ
トビ
ノスリ
ハクセキレイ
ハシボソガラス
ハジロカイツブリ
ヒバリ
モズ

稲敷

クサシギ
コチドリ
タカブシギ
タシギ
タヒバリ
ハクセキレイ
ホオジロ
ミサゴ

 

 

 

スポンサーリンク