チョウゲンボウ  三番瀬海浜公園の野鳥

スポンサーリンク

 

先日、冬に猛禽類を観察するポイントを書いた記事を上げたので、今回は関東地方で冬に猛禽類を観察するのにおすすめの探鳥地をいくつか紹介したいと思います!

冬に猛禽類を観察するポイントについての記事をまだ読んでいないという方は以下のリンクから是非ご覧ください!

冬の猛禽類の観察ポイント

 

東京港野鳥公園【東京都】

東京港野鳥公園

東京港野鳥公園は23区内でも多くの種類の猛禽類を観察できる屈指の探鳥地です。

園内には複数の池があり冬には多くのカモなどの水鳥で賑わいます。

その水鳥を狙ってオオタカなどの猛禽類が出現します。

猛禽類を観察できるポイントとしては1,2,4号観察小屋、東観察広場、ネイチャーセンターがあります。

上記の場所すべてにフィールドスコープが常設されており、遠くにいる猛禽類も観察することができます。

 

1、2号観察小屋とネイチャーセンターからは潮入りの池が観察できます。

東京港野鳥公園 2号観察小屋

潮入りの池

おすすめはネイチャーセンターで、ガラス越しの観察になりますが室内のため寒い冬でも長時間観察することができます。

潮入りの池の対岸には松が生えており、猛禽類はその松によく止まっています。対岸の木々にはカワウの大群が止まっていることがあり紛らわしいので、しっかり1羽1羽チェックしていきましょう。

オオタカ 東京港野鳥公園

対岸の松に止まるオオタカの幼鳥

 

東観察広場からは東淡水池が望めます。

東観察広場 東京港野鳥公園

東観察広場

観察小屋やネイチャーセンターと違ってイスがないため、立って観察することになりますが、かなりの広範囲を見ることができるため猛禽類が観察できる可能性は高くなっています。

 

4号観察小屋では目の前の池の反対側の木々に猛禽が止まります。

東京港野鳥公園 4号観察小屋

4号観察小屋

反対側の木々は冬になると葉が落ちるので、猛禽類が止まっているとすぐにわかります。

 

またオオタカやハイタカなどは、道路を挟んで東京港野鳥公園と反対側にある大井ふ頭中央海浜公園を行ったり来たりしています。

 

期待できる猛禽類

オオタカ、チョウゲンボウ、トビ、ノスリ、ハイタカ、ハヤブサ、ミサゴ

 

明治神宮【東京都】

北池 明治神宮

明治神宮はJR原宿駅に直結しているアクセスの良さから猛禽類を気軽に観察できる探鳥地としておすすめの場所です。

猛禽を観察するのにおすすめのポイントは、500円を払って入る御苑内にある南池です。

明治神宮 南池

南池

南池には留鳥としてカルガモが生息しており、そのカルガモを狙ってオオタカが現れます。

オオタカ 捕食 カルガモ 明治神宮

南池のカルガモを襲うオオタカ

御苑内にはメジロやシジュウカラ、ヤマガラなども多く、それらの小鳥を狙ってツミが見られることもあります。

御苑内で小鳥たちが慌ただしく騒ぎ始めたら近くに猛禽類がいないか探してみましょう。

期待できる猛禽類

オオタカ、ツミ、トビ、ノスリ、ハイタカ

 

涸沼【茨城県】

涸沼

茨城県中部にある涸沼はここ数年冬になるとオオワシがやってくることで有名な探鳥地です。

オオワシは必ずやって来る保証はありませんが、オオワシがやって来ると多くのバードウォッチャーで賑わい、ネット上に情報がでるため、「涸沼 オオワシ」などで検索してオオワシの飛来状況をチェックしてから向かいましょう。

冬の涸沼ではオオワシ以外にも多くの猛禽が観察できます。涸沼の周囲にはアシ原が何か所かあり、アシ原の上空にはチュウヒが飛びます。

また、周囲にある田んぼではオオタカやノスリ、チョウゲンボウなどが観察できます。

ノスリ 幼鳥 涸沼の野鳥

電線に止まるノスリ

 

また、一際飛ぶスピードが速い猛禽が現れたらハヤブサである可能性が高いです。

ハヤブサ

 

 

期待できる野鳥

オオタカ、オオワシ、チュウヒ、チョウゲンボウ、トビ、ノスリ、ハヤブサ

 

西ノ洲【茨城県】

稲敷 西ノ洲

茨城県稲敷市にある西ノ洲は冬に多くの猛禽類が観察できる探鳥地としてバードウォッチャーに人気の場所です。

西ノ洲は広大な草原で、視界を遮るものがないので上空を飛翔する猛禽類をよく観察することができます。

草原の中にはいくつか杭や枝があり、猛禽たちの止まり木になっています。

チュウヒ 稲敷

枯れ枝に止まるチュウヒ

西ノ洲は周囲をぐるっと一周できるので、太陽の位置に合わせて順光になるように移動しながら観察しましょう。

 

西ノ洲には水の溜まっている場所がいくつかあり、その周辺ではミサゴを見ることができます。

水面から出ている杭はミサゴのお気に入りの場所なのでチェックしてみましょう。

ミサゴ 稲敷 西ノ洲

杭に止まるミサゴ

また、西ノ洲がある浮島地区には妙義ノ鼻というアシ原が広がる場所があります。

妙義ノ鼻もチュウヒやミサゴが期待できるので西ノ洲と合わせてバードウオッチングを楽しむことをおすすめします。

期待できる猛禽類

オオタカ、チュウヒ、チョウゲンボウ、トビ、ハイイロチュウヒ、ミサゴ

 

渡良瀬遊水地【栃木・群馬・埼玉・茨城県】

渡良瀬遊水地は栃木・群馬・埼玉・茨城の4県にまたがる関東でも屈指の猛禽類の観察スポットです。

渡良瀬遊水地では各所にアシ原が広がっており、多くの猛禽類を観察することができます。

渡良瀬遊水地で冬に観察できる猛禽類の中でも特筆すべきはコミミズクとハイイロチュウヒで、この2種がやってくると渡良瀬遊水地は多くのカメラマンでにぎわいます。

特にコミミズクは人気が高く、休日には何十人ものカメラが並びます。

大人気のコミミズク

渡良瀬遊水地はとても広大なため、闇雲に猛禽類を探すのはかなり大変です。詳細なポイントはわからなくても、第一調節池・第二調節池・第三調節池・谷中湖の四か所のうち、目当ての猛禽類がどこに出ているかだけでも調べておくといいでしょう。

 

特に目的の野鳥もなく猛禽を探す場合は、4か所の中でも比較的駅からの距離が近い谷中湖か第一調節池を中心に探すといいでしょう。

 

期待できる猛禽類

オオタカ,コミミズク,チュウヒ,チョウゲンボウ,ノスリ,ハイイロチュウヒ,ハヤブサ,ミサゴ,

 

その他の冬に猛禽類が期待できる関東の探鳥地一覧

水元公園【東京都】

多摩川河口付近【神奈川県】

北印旛沼【千葉県】

手賀沼【千葉県】

霞ヶ浦総合公園【茨城県】

 

 

スポンサーリンク