前回の記事の小山ダムの帰りに、大北川の河口付近に寄ってきました。

 

スポンサーリンク

 

河川敷に到着すると獲物を見つけたのか、ノスリがホバリング中。

ノスリ 大北川河口付近の野鳥

狙いが定まらないのか、結構長いことホバリングをしていましたが、横取りを狙ったのか、別のノスリがやってきて2羽で争いながら遠くへ飛んでいきました。

 

大北川橋の上から、川にいるコガモやオオバンを見ていると、遠くに大きな白鳥の群れを発見。

オオハクチョウ 大北川河口付近の野鳥

 

近くへ行ってみるとオオハクチョウの群れでした。

オオハクチョウの群れ

河川敷を人が通るたびに飛び立つコガモやオオバンに比べて、オオハクチョウは人が近くを通っても全く逃げず。

 

しばらくすると、数羽のハクチョウが飛び立ちました。

オオハクチョウ 飛ぶ

そして近くの田んぼに降り立って採食を開始。

 

すると河川敷のイベントか何かでたくさんの煙が出て、残りのオオハクチョウも全羽飛んでいきました。

 

残りのオオハクチョウが飛ぶと、先に飛んで田んぼで採食中だったオオハクチョウもその群れに続いて見事な編隊を組んで飛んでいきました。

オオハクチョウ 編隊

 

オオハクチョウを見送った後、タゲリっぽい群れが遠くの田んぼに降り立ったので探しに行くと、途中でスズメの群れを猛禽が急襲!

 

ものすごいスピードでスズメを空中で捕え、近くの田んぼに降り立ちました。
小さめの猛禽だったのでチョウゲンボウやツミかと思いましたが、よく見てみると、どうやらチゴハヤブサのよう。

 

双眼鏡で確認した後、写真を撮ろうとすると、チゴハヤブサの捕えた獲物を横取りしようと2羽のチョウゲンボウと1羽のノスリがチゴハヤブサを急襲。
チゴハヤブサを獲物を掴んだまますごい速さで逃げていきました。

 
チゴハヤブサにまんまと逃げられたノスリ。

ノスリ 大北川河口付近の野鳥

今回ノスリはずっと2羽で追いかけっこをしていましが、チゴハヤブサを急襲したのは一羽だけ。

 

もう1羽はどこかに隠れてさらに横取りを狙っていたのでしょうか。

 

チョウゲンボウも悔しそうに止まっていました。

チョウゲンボウ 大北川河口付近の野鳥

 

残念ながらタゲリは確認できませんでしたが、多くの猛禽を一度に観察でき、満足のいく探鳥となりました。

 

今回確認した野鳥

アオサギ
アオジ
オオハクチョウ
オオバン
カシラダカ
カワラヒワ
コガモ
チゴハヤブサ
チョウゲンボウ
トビ
ノスリ
マガモ

スポンサーリンク