様々な野鳥情報を随時更新しています。

ヒバリ

ヒバリのおすすめ探鳥地

 

ヒバリを探す際のポイント

ヒバリは多くの場所で留鳥として生息しており、主に草原や田んぼ、河川敷などで見られます。

繁殖期には縄張りを主張するためにオスが上空で飛びながらさえずるため、見つけるのはとても簡単です。また普段のさえずりも、背の低い草木や岩の上など低い位置でさえずることが多いのでヒバリのさえずりが聞こえた際は上空か、低い位置を探してみましょう。

また天気の良い日は砂浴びをする姿もよく見られるため、ヒバリの生息する場所で砂場を見つけたら要チェックです。

ヒバリは草の中や田んぼのイネの中など見つけづらい場所にいることも多く、気付かずに飛ばしてしまうことが多くなりがちです。しかし、飛んでしまった場合も大抵は見える範囲に降りてくれるので着地点をチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

葛西臨海公園【東京都】

東京都江戸川区にある葛西臨海公園にはヒバリが留鳥として生息しており、一年を通してヒバリを観察することができます。

ヒバリは園内南側にある西なぎさの草原に生息しています。西なぎさは視界を遮る物がほとんどないため、ヒバリが飛んでいるとすぐにわかります。草の上でじっとしていると見つけるのはかなり難しいため気がつかずに飛ばしてしまうことも多いかと思いますが、ほとんどの場合は飛び立っても見える範囲に降りてくれるはずです。

また草原脇の砂場で砂浴びをしていることもあるため、砂場も忘れずにチェックしておきましょう。

西なぎさは大きなイベントが行われているときや潮干狩りの時期などは人が多く、ヒバリの観察には向いていないので葛西臨海公園のイベント日程は必ずチェックしてから向かいましょう。

 

北新田【千葉県】

千葉県我孫子市にある北新田は利根川沿いに広がる田園地帯で、ヒバリが通年観察できます。

ヒバリは北新田の広範囲に生息していますが、稲のある場所ではヒバリが隠れてしまい見つけるのがとても難しいので、最初は農道や利根川沿いを流れる排水路付近の畑などに出てくるヒバリを探すのがおすすめです。

また、田んぼでヒバリを探す際、田んぼからはヒバリの他にもホオジロや、タシギなどのシギ・チドリが飛び出してくることもあり、それらの野鳥を気づかず飛ばしてしまわないためにも農道を通る際はゆっくり一つ一つの田んぼをチェックしながら進んでいきましょう。

 

管理人がヒバリを観察した探鳥地一覧

葛西臨海公園【東京都】

多摩川河口付近【神奈川県】

北新田【千葉県】

新川耕地【千葉県】

手賀沼【千葉県】

北印旛沼【千葉県】

稲敷【茨城県】

大北川河口付近【茨城県】

多々良沼【群馬県】

福島潟【新潟県】

 

スポンサーリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.