様々な野鳥情報を随時更新しています。

カワセミ

カワセミのおすすめ探鳥地

カワセミを探す際のポイント

カワセミは多くの場所で留鳥として見られますが、繁殖期には別の場所に移動する個体もいます。

大きな湖から小さな池、田んぼの用水路などエサとなる小魚が生息していればどこでも観察できる可能性があります。カワセミを近くで観察したいなら住宅地にある小さな公園の池にいるカワセミを狙うといいでしょう。住宅地に生息しているカワセミは驚くほど人馴れしており、普通では考えられないような近い距離で観察することができます。

野鳥観察窓があるような公園は池にカワセミ用の止まり木が設置されていることが多く、カワセミがやって来る確率がとても高いので、それらの止まり木の近くでカワセミがやって来るのを待つといいでしょう。

スポンサーリンク

 

明治神宮【東京都】

東京都渋谷区にある明治神宮では北池と南池にカワセミが生息しています。

南池は御苑内にあり入園料500円がかかるため、まずは北池でカワセミを探すのがいいでしょう。

北池では北池に架かる橋の上から池沿いから伸びる枝を中心に探しましょう。池沿いに敷き詰められた石に止まっていることもあるので水際は特に重点的に探しましょう。

 

東高根森林公園【神奈川県】

神奈川県川崎市にある東高根森林公園では湿生植物園などの水辺でカワセミを見ることができます。

カワセミが見られる池や小川は木道に隣接しており、カワセミをかなり近くで観察することができます。水辺の周りは小さな木や柵などカワセミが止まる場所が多いのでカワセミが止まる場所を絞るのは大変ですが、人馴れしているカワセミは木道の上から観察すれば近くてもあまり逃げることはないので、静かに近づいて観察しましょう。

 

北総花の丘公園【千葉県】

千葉県印西市にある北総花の丘公園では、園内にある戸神川防災調整池とトンボ池などでカワセミを観察することがあります。

戸神川防災調整池には野鳥観察窓があるので、観察窓から池の周囲の枝を双眼鏡などで探していきましょう。

おすすめは自然生態園内にあるトンボ池で、池の前にベンチとテーブルがある東屋があるためカワセミの観察にとても向いています。トンボ池にはカワセミの止まり木や木の杭があり、そこにカワセミがよく止まるため東屋のベンチに座りながらカワセミが止まるのを待つといいでしょう。

 

涸沼【茨城県】

茨城県中部に位置する涸沼では湖畔や周囲の田んぼの水路などでカワセミを観察することができます。

カワセミを探す際は順光になることが多い涸沼の南側で探すといいでしょう。

涸沼周辺は冬に多くの野鳥が観察できる茨城県内でも有数の探鳥地であるため、カワセミの観察は冬鳥が合わせて見られる冬がおすすめです。

 

管理人がカワセミを確認した場所一覧

明治神宮【東京都】

新宿御苑【東京都】

皇居【東京都】

小石川後楽園【東京都】

不忍池【東京都】

水元公園【東京都】

池上本門寺【東京都】

大井ふ頭中央海浜公園【東京都】

しながわ区民公園【東京都】

多摩川六郷橋緑地【東京都】

砧公園【東京都】

多摩川河口付近【神奈川県】

東高根森林公園【神奈川県】

21世紀の森と広場【千葉県】

清水公園【千葉県】

手賀沼【千葉県】

北新田【千葉県】

新川耕地【千葉県】

北総花の丘公園【千葉県】

袖ヶ浦公園【千葉県】

智光山公園【埼玉県】

大北川河口付近【茨城県】

涸沼【茨城県】

霞ヶ浦総合公園【茨城県】

稲波干拓【茨城県】

東荒川ダム親水公園【栃木県】

渡良瀬遊水地【群馬・栃木・埼玉・茨城県】

太田川【静岡県】

秋葉公園【新潟県】

具志干潟【沖縄県】

三角池【沖縄県】

古我知水田【沖縄県】

 

スポンサーリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.