様々な野鳥情報を随時更新しています。

コチドリ

コチドリのおすすめ探鳥地

コチドリを探す際のポイント

コチドリは主に夏鳥として干潟や田んぼにやってきます。チドリの中でも渡来数が多く観察しやすい野鳥です。

コチドリはスズメより少し大きい程度で、シギチドリの中でもかなり小さい部類になります。そのため、田んぼで観察する場合は稲に隠れてしまうことが多いので、田んぼでの観察は田植え前か稲が伸びきる前の春から初夏にかけてがいいでしょう。また、田んぼでコチドリが羽を大きく広げて近づいてきた場合は、あぜ道の草むらなどにコチドリの巣があることが多いので踏んだりしないように注意しましょう。

干潟はコチドリが隠れるような場所がなく観察は容易ですが、遮蔽物がない分近づくのが難しく田んぼよりも遠くからの観察になることが多くなります。

スポンサーリンク

 

葛西臨海公園【東京都】

東京都江戸川区にある葛西臨海公園では鳥類園内にある下の池の干潟でコチドリがよく見られます。

鳥類園ではコチドリの保護活動をしており、営巣環境を整えたり卵を外敵から守るなどの活動をしています。そのため、5~6月頃には下の池の亀島付近でコチドリのヒナが見られることでしょう。

また、スタッフブログでコチドリの営巣状況を発信することがあるので、ブログをチェックしてから行くのもおすすめです。

スタッフブログ:葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ

多摩川河口付近【神奈川県】

多摩川河口付近の神奈川県側には干潮時に広大な干潟が出現し、その干潟にコチドリがやってきます。

干潟は堤防のすぐ下に広がっており、堤防の上の歩道から広範囲に見渡せるためコチドリを探すのにとても適しています。

大師橋から河口まで干潟は数か所に出現するため、すべての干潟をチェックしていきましょう。春と秋の渡りの時期にはコチドリ以外のシギチドリも多数観察できるため、特におすすめです。

また、多摩川は河口以外にも六郷橋緑地前など干潟が出現する場所が複数あるため、時間があるときは多摩川沿いを広範囲にわたって探してみるのもいいでしょう。

 

手賀沼【千葉県】

千葉県北西部にある手賀沼では沼の周囲に広がる田んぼにコチドリがやってきます。

コチドリは田んぼで繁殖するため、手賀沼周辺では比較的長い期間観察をすることができますが、コチドリの観察には稲の伸びきる前の5~6月あたりがいいでしょう。

5月ならコチドリの他にもムナグロやチュウシャクシギなど、様々なシギチドリも観察できるのでおすすめです。

 

浮島ヶ原【静岡県】

静岡県沼津市にある浮島ヶ原には田んぼが広がっており、その田んぼでコチドリが繁殖しています。

浮島ヶ原の周辺には富士山を始めとした探鳥地が複数あるのでそれらの探鳥地を訪れた帰りに立ち寄ってみるのがおすすめです。

また、浮島ヶ原には警戒心がとても強いケリも数多く繁殖しているため、コチドリを探す場合はケリのいない田んぼを探すといいでしょう。

 

管理人がコチドリを確認した場所一覧

東京港野鳥公園【東京都】

多摩川六郷橋緑地【東京都】

葛西臨海公園【東京都】

多摩川河口付近【神奈川県】

手賀沼【千葉県】

北新田【千葉県】

北印旛沼【千葉県】

稲敷【茨城県】

太田川【静岡県】

浮島ヶ原【静岡県】

三角池【沖縄県】

 

スポンサーリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.