様々な野鳥情報を随時更新しています。

クロツラヘラサギ

クロツラヘラサギのおすすめ探鳥地

クロツラヘラサギを探す際のポイント

クロツラヘラサギは主に冬鳥として日本に越冬にやってきます。

世界的に数が少なく絶滅が危惧されている種で、日本では沖縄や九州に少数が越冬に来ますが稀に本州でも観察されることがあります。

名前の通り、大きなへら状のくちばしを使って水中の餌を食べるため干潟で観察されることが多く、群れを形成している場合もあります。

遠くでくちばしを背中に突っ込んで休んでいるとダイサギなどのサギ類と見分けるのがかなり難しいので、くちばしが見えない休んでいるサギを見つけた場合は顔が黒くないか必ず確認しましょう。

また、姿のよく似たヘラサギと一緒に行動してることも多いので、群れのでいる場合は識別に注意しましょう。

スポンサーリンク

葛西臨海公園【東京都】

東京都江戸川区にある葛西臨海公園では近年クロツラヘラサギが越冬にやってきます。

クロツラヘラサギは東なぎさにいることが多く、西なぎさの東端から観察することが多くなります。そのため、クロツラヘラサギまでは距離があり、観察には高倍率の双眼鏡かフィールドスコープが必須です。

西なぎさに干潟が出現している場合は、採食のために西なぎさまで飛んでくることがあるので、クロツラヘラサギを観察しに行く際は干潮の時間をチェックしてから行きましょう。

また、クロツラヘラサギがやってくると鳥類園のスタッフブログに載ることが多いのでクロツラヘラサギを観察したい場合は冬になったら常にチェックしておきましょう。

鳥類園スタッフブログ:http://choruien2.exblog.jp/

 

漫湖【沖縄県】

沖縄県豊見城市にある漫湖では毎年クロツラヘラサギの群れが越冬にやってきます。

漫湖は湖ではなく河川の途中にあるので、潮の満ち引きにより干潟が出現します。干潮の際は干潟が広すぎてクロツラヘラサギが遠くにいる場合が多いので、干潮から満潮になる時間を狙っていくといいでしょう。

また、漫湖には漫湖水鳥・湿地センターがあり、漫湖で見られる野鳥情報を発信しているので、漫湖でクロツラヘラサギを探す際は必ずチェックしてから探しましょう。

クロツラヘラサギは漫湖から比較的近い具志干潟や三角池でもよく観察されるので、漫湖でクロツラヘラサギが見つからない場合は上記の二か所も併せて探してみるのをおすすめします。

 

管理人がクロツラヘラサギを観察した場所一覧

葛西臨海公園【東京都】

漫湖【沖縄県】

具志干潟【沖縄県】

三角池【沖縄県】

豊崎干潟【沖縄県】

過去にクロツラヘラサギの目撃例がある場所

伊佐沼【埼玉県】

利根川河口【茨城県】

米子水鳥公園【鳥取県】

一ツ瀬川河口【宮崎県】

江津湖【熊本県】

吹上浜【鹿児島県】

錦江湾【鹿児島県】

高尾野川河口【鹿児島県】

スポンサーリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.