様々な野鳥情報を随時更新しています。

ミヤコドリ

ミヤコドリのおすすめ探鳥地

ミヤコドリ 三番瀬海浜公園 (3)

ミヤコドリを探す際のポイント

ミヤコドリは春秋の渡りの時期や、冬に干潟などで越冬する個体を見ることができます。

春秋の渡りの時期は数も少なく、滞在時間も短いことが多いのでねらい目は越冬するミヤコドリです。

ミヤコドリは同じ環境で見られるシギやチドリにく比べて、体がかなり大きく赤いくちばしがとても目立つので、干潟などの視界が開けた場所では見つけるのに苦労はしないはずです。

ただし、体が大きいので小型のシギチドリに比べて沖の方にいることも多いため、フィールドスコープなどがあると観察に便利です。

また、満潮近くになると体が大きい分、小さなシギチドリがいなくなった後でも波打ち際付近までやってきてエサを探すことがあるので、ミヤコドリが遠くにいて観察しづらい場合は潮が満ちるまで待ってみるのもおすすめです。

スポンサーリンク

ふなばし三番瀬海浜公園【千葉県】

三番瀬海浜公園 (3)

千葉県船橋市にあるふなばし三番瀬海浜公園は日本一のミヤコドリの飛来地といわれるほどのミヤコドリのメッカです。

冬になると100羽以上のミヤコドリが飛来するため、高確率でミヤコドリを観察することができる超おすすめスポット!

ミヤコドリは基本的に越冬のために三番瀬にやってきますが、中には繁殖地に帰らずに三番瀬に残る個体もいるので、一年中ミヤコドリが観察できることもあります。

三番瀬は視界を遮る物や、野鳥が身を隠す場所がほとんどないので、干潟を歩いてミヤコドリに近づこうとするとすぐに飛んで行ってしまいます。そのため、ミヤコドリを観察する際は干潮と満潮の間の時間に行き、潮が満ちるとともに水際に近づいてくるミヤコドリを砂浜に座って待ち伏せるのをおすすめします。

ただ、車やバスを使わないと行けないので少しアクセスが悪いのが難点です。

 

葛西臨海公園【東京都】

葛西臨海公園 西なぎさ 干潟

東京都江戸川区にある葛西臨海公園には冬にミヤコドリが越冬にやってきます。

上で紹介したふなばし三番瀬海浜公園ほどの大群が見られる可能性は低いですが、バスや車でないといけない三番瀬に比べて、葛西臨海公園は駅に直結しているため、アクセスが非常にいいのがポイントです。

ミヤコドリの主な観察ポイントは西なぎさにできる干潟ですが、西なぎさは朝9時からしか入れないので注意しましょう。また、西なぎさの干潟はかなり広いため、潮が引きすぎているとミヤコドリが遠くにいて観察しにくいことがあるので事前に潮位を調べてから行くといいでしょう。

西なぎさでミヤコドリを観察した後は、野鳥が多く見られる園内の鳥類園でのバードウォッチングをおすすめします。

 

スポンサーリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.