様々な野鳥情報を随時更新しています。

オシドリ

オシドリのおすすめ探鳥地

オシドリ 井の頭公園

オシドリを探す際のポイント

オシドリは多くの場所で漂鳥のため、平地では主に冬に見られます。

オシドリは水際の枝の下などの日陰で休んでいることが多く、派手な外見に似合わず見つけるの難しい場合があります。オシドリの飛来情報があるのにその場所で水面にオシドリが見当たらない場合は、水際の日陰を双眼鏡などで一通り探してみましょう。

また、メスやオスのエクスプリスは地味な色合いをしているので他のカモたちに混ざっている時は見逃さないように要注意です。

オシドリは「おしどり夫婦」という言葉で有名なため、バードウォッチャー以外の方のブログなどに載ることが多く、「オシドリ+場所名」で更新順に検索すれば飛来情報が集めやすい野鳥です。

スポンサーリンク

明治神宮【東京都】

北池 明治神宮

北池

明治神宮は原宿という都会のど真ん中にありながら、冬になるとオシドリがやって来ることの多い探鳥地です。

オシドリは北池で見られることが多いので、オシドリを探しに行く際は原宿駅ではなく代々木駅で降りるのがおすすめです。

オシドリの観察は北池に架かる橋の上からすることが多いと思いますが、橋の上から北池を見渡してもオシドリが見当たらない場合は、橋の北側の一番奥の枝の下にいることがあります。

明治神宮線路を挟んだ反対側には新宿御苑があり、そこにもオシドリがやって来ることがあります。明治神宮でオシドリを見つけられなかったときは新宿御苑も合わせて探してみましょう。

ただし、新宿御苑は明治神宮と違い入園料がかかるのでオシドリを探す際は明治神宮から探すのをおすすめします。

 

北総花の丘公園【千葉県】

北総花の丘公園 戸神川防災調整池

戸神川防災調整池

千葉県印西市にある北総花の丘公園では冬になると公園の中心にある戸神川防災調節池にオシドリがやってきます。

園内にいくつかある「園内で観察できる野鳥」の看板にオシドリが掲載されているので、公園としてもオシドリが観察できることをアピールしています。

調整池には西側に野鳥観察窓があるので、まずはそこからオシドリを探してみましょう。

北総花の丘公園 野鳥観察窓

野鳥観察窓

少し遠いですが、オシドリは対岸の水際の枝陰で休んでいることもあるのでフィールドスコープなどがあるとオシドリを観察しやすくなると思います。

野鳥観察窓以外では池の北側に架かる橋か、南側に草はら広場が調整池を一望できるので太陽の位置やオシドリの場所にに合わせて観察場所を選びましょう。

管理人がオシドリを観察した探鳥地一覧

新宿御苑【東京都】

明治神宮【東京都】

井の頭公恩賜公園

北総花の丘公園【千葉県】

宍塚大池【茨城県】

スポンサーリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.