様々な野鳥情報を随時更新しています。

タヒバリ

タヒバリのおすすめ探鳥地

タヒバリ 涸沼の野鳥

 

タヒバリを探す際のポイント

タヒバリを主に冬鳥として日本にやってきます。

名前の通り田んぼなどの視界の開けた場所に多いため、観察は比較的簡単な野鳥です。

セキレイ科の野鳥らしく地面を歩き回り、よく尾羽を振っている姿を見ることができます。シルエットはハクセキレイやビンズイなど他のセキレイ科の野鳥と、とてもよく似ていて間違えやすいため遠くにいる場合は双眼鏡などでしっかりと確認しましょう。

関連記事:タヒバリとビンズイの違いと見分け方

タヒバリは海岸沿いや河川敷で見られることも多く、水際の磯でエサを探している姿もよく見られます。特に河川敷のグラウンドは障害物が全くないためタヒバリを観察するには絶好のポイントです。

スポンサーリンク

 

葛西臨海公園【東京都】

東京都江戸川区にある葛西臨海公園には冬にタヒバリがやってきます。

タヒバリは西なぎさや東なぎさと公園の間を流れる水路沿いの岩場や、園内南側にある展望広場などで観察できます。ただしどちらの場所もハクセキレイの数が多いため見間違えないように注意しましょう。

冬の水路沿い(特に平日)は人がほとんどいないため、タヒバリがいれば飛ばれずゆっくり観察することができます。

その際、公園側の堤防の上からタヒバリを探すと昼間はほとんど逆光になってしまうので、水際ギリギリを太陽の位置に合わせて順光になるように歩いてタヒバリを探していくといいでしょう。

 

多摩川河川敷【東京都・神奈川県】

多摩川下流域の河川敷にはグラウンドなど開けた場所が多く、タヒバリを観察するのにとても向いている場所です。

多摩川でタヒバリを探す際はアクセスの良い東急東横線多摩川駅の近くの丸子橋付近や、野鳥の数がとても多い多摩川河口付近で探すのがおすすめです。

河川敷は広い範囲を探すことになることも多いので、レンタサイクルで自転車を借りてタヒバリを探すのもおすすめです。

ただし、河川敷は風が強い日も多く、強風の日はタヒバリを探すのがとても難しくなるため、多摩川に行く前は風予報をしっかりチェックしてから向かいましょう。

涸沼【茨城県】

茨城県中部にある涸沼では冬に沼の周囲に広がる田んぼにタヒバリがやってきます。

タヒバリは数が多く田んぼのいたるところで見られますが、難点として涸沼周囲の田園地帯はとても広大なため運が悪いと見つけるのに時間がかかってしまいます。

ただタヒバリの他にも同じく田んぼで採食を行うタゲリや、田んぼに来る野鳥を狙うハヤブサなどの猛禽類、ミヤマガラスの群れなども見られるのでそれらの野鳥と合わせて探すのをおすすめします。

 

管理人がタヒバリを観察した探鳥地一覧

葛西臨海公園【東京都】

つばさ公園【東京都】

多摩川河口付近【神奈川県】

丸子橋【神奈川県】

新川耕地【千葉県】

北総花の丘公園【千葉県】

稲波干拓【茨城県】

涸沼【茨城県】

 

スポンサーリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.