様々な野鳥情報を随時更新しています。

浮島ヶ原

浮島ヶ原

静岡県富士市から沼津市にまたがる浮島ヶ原は富士山と愛鷹山のすそ野に広がる田園地帯です。

東海道本線「東田子の浦駅」及び「原駅」から徒歩5分と電車でのアクセスも悪くなく、車がなくても問題なくバードウォッチングを楽しむことができます。

車で行く場合は富士山麓など近くの探鳥地を回った帰りに立ち寄るのがおすすめです。

スポンサーリンク

 

田んぼ

広大な田んぼでは多くの野鳥を観察することができます。

田んぼで観察できる野鳥で特筆すべきはケリとタマシギとヒクイナの3種です。

中でもケリは数がとても多く、浮島ヶ原を代表する野鳥となっています。

稲が伸びきってケリが隠れやすくなる真夏以外は田んぼの各所で高確率でケリを見ることができます。

繁殖期の春先には縄張りに入ってくるサギなどの他の野鳥を全力で追い払うダイナミックなケリを見ることができます。

冬には群れで行動することが多いため、ケリの群れを見たい場合は冬に行くのがおすすめです。

 

タマシギはケリに比べて数が少なく、見つけるのが難しくなります。

タマシギ

稲が伸び切ってしまうとタマシギを見つけるのはかなり困難になるので、タマシギを探しに行く場合は田植え直後の春先に行くのがいいでしょう。

 

ヒクイナは田んぼ脇にある草むらで見られますが、草むらでは視界が悪すぎて見つけることは難しいので、春から初夏に草むらに隣接している田んぼで草むらから出てくるヒクイナを探すといいでしょう。

ヒクイナ

 

浮島ヶ原にはサギも多く生息していますが、留鳥のダイサギとコサギ、アオサギに加えて、夏にはアマサギとチュウサギも加わります。

アマサギ

アマサギは群れで行動していることが多いので、田んぼにサギの群れを確認したら要チェックです。

 

冬には他の田園地帯と同じく、多くの猛禽類を観察することができます。

留鳥のトビやチョウゲンボウをはじめとして、冬にはノスリやコチョウゲンボウが見られることもあります。

浮島ヶ原には電柱もそこまで多いわけではないので、電柱のてっぺんはすべてチェックしていきましょう。

チョウゲンボウやコチョウゲンボウなどの小さめの猛禽は電線に止まっていることもあるので要チェックです。

コチョウゲンボウ

 

冬の田んぼではタゲリも見られるのでケリと合わせて探してみるといいでしょう。

冬に見られるタゲリ

 

アクアプラザ遊水地

浮島ヶ原の東側にあるアクアプラザ遊水地には池があり、多くの水鳥を観察することができます。

コサギやアオサギなどのサギ類に、冬はマガモやコガモ、ヒドリガモなどのカモ類、渡りの時期にはセイタカシギなどのシギチドリも見ることができます。

 

管理人が確認した野鳥

アオサギ
アオジ
アマサギ
オオヨシキリ
カルガモ
カワウ
カワラヒワ
キジ
クロハラアジサシ
ケリ
コガモ
コサギ
コチドリ
コチョウゲンボウ
ジョウビタキ
スズメ
セイタカシギ
セッカ
ダイサギ
タゲリ
タシギ
タマシギ
チュウサギ
チョウゲンボウ
ドバト
トビ
ノビタキ
ハクセキレイ
ハシビロガモ
ヒクイナ
ヒドリガモ
ヒバリ
マガモ
ムクドリ
モズ

おすすめの時期

春、秋、冬

周辺の探鳥地

丸火自然公園【車で約20分】

浮島ヶ原のブログ記事

2017年12月4日

2017年10月1日

2017年5月28日

2017年5月14日

所在地・アクセス

住所: 静岡県富士市中里2553−8

最寄駅:東海道本線「東田子の浦駅」及び「原駅」から共に徒歩約5分

最寄の高速出口:新東名高速道路「駿河湾沼津SA」から約10分

駐車場:アクアプラザ遊水地に駐車場有

トイレ:浮島ヶ原自然公園にあり

スポンサーリンク

全国の探鳥地

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

全国の探鳥地

PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.