様々な野鳥情報を随時更新しています。

渡良瀬遊水地

渡良瀬遊水地は栃木県・群馬県・埼玉県・茨城県の4県にまたがる広大な探鳥地です。

ラムサール条約に登録されており、一年を通して数多くの野鳥を観察することができます。

渡良瀬遊水地はとても広いため、徒歩でのバードウォッチングにはあまり向いていません。車で各ポイントを回るか、電車で行く場合はレンタサイクルを利用するといいでしょう。

スポンサーリンク

 

谷中湖

渡良瀬遊水地の南側にはハート型の大きな湖、谷中湖があります。

渡良瀬遊水地では谷中湖のみ、入れる時間が決まっています。朝は9時半から午後は季節によって違いますが16~17時までが利用時間になっています。また毎週月曜日(祝日の場合は翌日)と年末年始は谷中湖に入ることはできないので注意しましょう。

谷中湖の中心には橋が架かっており、谷中湖を北ブロック、谷中ブロック、南ブロックの三つに分けています。

橋の中心には中の島があり、野鳥観察窓が設置されているのでチェックしてみましょう。

中の島の野鳥観察窓

 

谷中湖で見られる野鳥で特筆すべきは冬にやってくるミコアイサとカワアイサです。

ミコアイサはパンダガモの愛称で知られ、バードウォッチャーに人気の野鳥です。

ミコアイサ

 

カワアイサはミコアイサと同じアイサ類ですがミコアイサよりも一回り大きく、谷中湖にいる他のカモ類に比べても大きいためとても目立ちます。

ミコアイサ、カワアイサ共に水際に障害物がないと近くで観察することは難しいので野鳥観察窓や、橋の上の柵、木々の間に身を隠して観察するといいでしょう。

 

南ブロック北側にある監視塔には冬にハヤブサが止まっていることがあるので必ずチェックしましょう。

監視塔に止まるハヤブサ

 

第一調節池

第一調節池

遊水地の北西には第一調節池があります。

初夏にはオオセッカやコヨシキリが各所でさえずっているのでさえずりを頼りに探してみましょう。

コヨシキリ

 

見つけるのは難しいですが夏のヨシ原の中にはヨシゴイもおり、急に飛び出してヨシ原の上空を飛ぶことがあるので要注意です。

また、第一調節池の脇を通る道路沿いの藪には冬にベニマシコがいることがあるので探してみましょう。

 

第一調節池は冬にチュウヒやハイイロチュウヒが塒にすることが多く、夕方には多くのチュウヒたちが見られます。

塒入りするチュウヒ

ハイイロチュウヒは特に人気が高く、多い時には数十人のカメラマンが第一調節池を囲むように待っています。

 

第二調節池

第二調節池

第二調節池は遊水地の北東に位置しています。

西側には鷹見台と呼ばれる少し広めの駐車スペースがあり、土手の上にあるためかなりの広範囲を見渡すことができます。

鷹見台の名の通り、冬には多くの猛禽類を観察できるおすすめの場所です。

チュウヒやノスリ、ミサゴやトビ、ときにはコチョウゲンボウなど多くの猛禽が飛ぶので飛んでいる猛禽はすべてチェックしていきましょう。

 

渡良瀬川・巴波川

渡良瀬川

遊水地のほぼ中心を流れる渡良瀬川、その渡良瀬川に合流する巴波川の河川敷はそのほぼすべてが観察スポットです。

土手の上は車が入れないサイクリングロードになっているため、徒歩か遊水地の各所にあるレンタサイクルセンターで自転車を借りて回るといいでしょう。

河川敷でぜひ探したいのは冬にやって来るコミミズクです。

コミミズク

コミミズクは渡良瀬で見られる冬鳥の中でもハイイロチュウヒと並んで特に人気の野鳥でコミミズクが現れる場所は土手に数十人のカメラマンが集結しているので、見つけるのに苦労することはないでしょう。

コミミズクは午後から飛ぶことが多いため、遊水地の他の場所を回った最後に探し始めるのをおすすめします。

管理人が確認した野鳥

アオサギ
アオジ
オオジュリン
オオセッカ
オオタカ
オオバン
オナガ
カシラダカ
カッコウ
カルガモ
カワアイサ
カワウ
カワセミ
カワラヒワ
カンムリカイツブリ
キジ
キジバト
キンクロハジロ
ゴイサギ
コガモ
コチョウゲンボウ
コミミズク
コヨシキリ
シジュウカラ
シメ
ジョウビタキ
シロハラ
スズガモ
スズメ
セグロセキレイ
セッカ
ダイサギ
タシギ
タヒバリ
チュウヒ
ツグミ
ツバメ
トビ
ノスリ
ハイイロチュウヒ
ハシビロガモ
ハシブトガラス
ハジロカイツブリ
ハヤブサ
ヒバリ
ヒヨドリ
ベニマシコ
ホオアカ
ホオジロ
マガモ
ミコアイサ
ミサゴ
ムクドリ
ヨシガモ
ヨシゴイ

おすすめの時期

通年

渡良瀬遊水地のブログ記事

2017年12月9日

2017年7月23日

2017年2月12日

2017年1月29日

2017年1月23日

 

所在地・アクセス

住所:栃木県南端

最寄駅:東武日光線「柳生駅」「板倉東洋大前」から共に徒歩約15分

最寄の高速出口:東北自動車道「館林IC」から北エントランスまで約15分

駐車場:あり

トイレ:あり

スポンサーリンク

全国の探鳥地

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

全国の探鳥地

PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.