様々な野鳥情報を随時更新しています。

大井ふ頭中央海浜公園

大井ふ頭中央海浜公園

大井ふ頭中央海浜公園 観察窓 (2)

スポンサーリンク

 

東京都品川区・大田区にまたがる大井ふ頭中央海浜公園は都内屈指の探鳥地である東京港野鳥公園より徒歩5分の場所にあります。

東京港野鳥公園は有料ですが、こちらは無料で入れるので先にこちらの公園を訪れてみるのもおすすめです。

野球場やテニスコートなどがある広大な公園で、園内でもせせらぎの森となぎさの森が特に野鳥の数が多くおすすめです。

せせらぎの森には池があり、カワセミが生息しています。

大井ふ頭中央海浜公園 せせらぎの森 自然池

せせらぎの森

 

野球場が隣接していることもあり人の出入りが多いため、人馴れしているのか比較的近くでカワセミを観察することができます。

カワセミ 大井ふ頭中央海浜公園

せせらぎの森のカワセミ

せせらぎの森は夏になるとザリガニ釣りの子供たちで賑わうのでバードウォッチングは夏以外の時期をおすすめします。

 

なぎさの森は野鳥観察小屋や野鳥観察窓がありバードウォッチングに適した場所になっています。

干潟の前の野鳥観察小屋は土日祝日に利用することができるので、事前に東京湾の干潮時間を調べてから行きましょう。

また野鳥観察小屋以外にも常時干潟を観察できる野鳥観察壁もあります。

大井ふ頭中央海浜公園 野鳥観察壁

常時使用できる観察壁

 

こちらの野鳥観察壁は干潟から少し距離があるため、双眼鏡などは必須です。

大井ふ頭中央海浜公園 干潟

野鳥観察壁からの眺め

 

干潟の他にもなぎさの森の自然観察路には淡水池を一望できる観察窓があり、冬にはカモ類やそのカモ類を狙うハイタカなどの猛禽類を観察することができます。

大井ふ頭中央海浜公園 観察窓 (1)

淡水池の観察窓

猛禽はカラスに追われていることが多いので、園内でカラスが大声で鳴きながら群れで飛んでいたら猛禽を追いかけていないか注意が必要です。

 

自然観察路は利用時間が決められています。

利用時間は

4~9月 9:00~17:00

10~3月 9:00~16:30

閉園日:毎週月曜日(月曜日が休日の場合は次の平日)

12月28日~1月3日

と時期によって変わるので注意してください。

 

春や秋の渡りの時期には多数の渡り途中の野鳥の目撃情報があり、サンコウチョウなども見られることがあります。

サンコウチョウ 大井ふ頭中央海浜公園

渡り途中のサンコウチョウ

渡りの野鳥は野鳥観察路での目撃例が多いので重点的に探してみましょう。

 

自然観察路にある池では野鳥が水浴びをしていることもあるので水際の藪なども要チェックです。

大井ふ頭中央海浜公園 観察路

自然観察路

 

管理人が確認した野鳥

アオサギ
イソシギ
イソヒヨドリ
カルガモ
カワセミ
キジバト
ゴイサギ
コゲラ
コサギ
コチドリ
サンコウチョウ
シジュウカラ
ハイタカ
マガモ

おすすめの時期

春、秋、冬

周辺の探鳥地

東京港野鳥公園

大井ふ頭中央海浜公園のブログ記事

【東京】大井ふ頭にサンコウチョウが出現!

所在地・アクセス

住所:東京都品川区八潮4丁目1−19

最寄駅:東京モノレール「大井競馬場前駅」徒歩約8分

最寄の高速出口:首都高速湾岸線「大井南IC」より約3分

駐車場:あり

トイレ:あり

スポンサーリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.