様々な野鳥情報を随時更新しています。

コガラ

コガラのおすすめ探鳥地

コガラを探す際のポイント

コガラは主に留鳥や漂鳥として日本に生息しています。

標高が高い場所の林でよく見られるため、標高1000m前後の高地で探すといいでしょう。

ハンノキやカラマツなどの実を好んで食べるため、これらの木が多く生えている場所を重点的に探すと観察できる確率が高くなります。特に虫などの他の餌が少なくなる冬はこれらの木にやってくる可能性が非常に高くおすすめの時期です。

また、コガラはヒガラやシジュウカラなどの他のカラ類と混群を形成していることが多いので、これらの群れを見つけたからコガラが混ざっていないかチェックしましょう。

ただし、コガラとヒガラとシジュウカラは見た目がよく似ているため識別には注意が必要です。

関連記事:シジュウカラとヒガラとコガラの違いと見分け方

スポンサーリンク

 

戦場ヶ原【栃木県】

栃木県日光市にある戦場ヶ原にはコガラが留鳥として生息しています。

生息数も多いため、遊歩道を歩けば高確率でコガラを観察することができるでしょう。

湿原の脇を通る自然研究路の木道は背の低い木々が多く、コガラを近くで観察できる可能性が高くおすすめです。ただし自然研究路の木道は春から初夏にかけて、移動教室などで小学生の団体が多くなるので、その場合は小田代原方面などに場所を変えて探すといいでしょう。

特におすすめの時期は冬で、運が良ければイスカやベニヒワなどと一緒にカラマツの実を食べる姿を観察することができます。

 

柳沢峠【山梨県】

山梨県にある柳沢峠にはコガラが留鳥として生息しています。

柳沢峠茶屋から少し上にある笠取林道を登っていけば高い確率でコガラを観察ることができるでしょう。

おすすめの時期は初夏か初冬で、初夏の柳沢峠ではコマドリやコルリ、マミジロなどの人気の夏鳥が見られるためコガラの他にも多くの野鳥を観察することができます。雪の降る前の初冬は野鳥の数は少ないですが、人もほとんどおらず、ゆっくりとコガラを探すことができます。

 

嵯峨塩深沢林道【山梨県】

山梨県にある嵯峨塩深沢林道では冬にコガラがよくみられます。

林道沿いにあるハンノキなどのコガラの餌場となる場所を中心に探すといいでしょう。

ただし、冬の林道は雪が積もっていることが多いため、観察には注意が必要です。

また嵯峨塩深沢林道はオオマシコやイスカなど人気の冬鳥が期待できる有名探鳥地なので多くの人でにぎわい、休日には林道入り口の駐車スペースが満車になることもあるので平日がおすすめです。

 

管理人がコガラを確認した場所一覧

埼玉県民の森【埼玉県】

戦場ヶ原【栃木県】

日光二荒山神社宝物館【栃木県】

八方ヶ原【栃木県】

嵯峨塩深沢林道【山梨県】

砥山林道【山梨県】

富士山吉田口登山道【山梨県】

高鉢【静岡県】

水ヶ塚公園【静岡県】

西臼塚【静岡県】

PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.