トモエガモ

トモエガモ 新宿御苑の野鳥

スポンサーリンク

トモエガモを探す際のポイント

トモエガモは主に冬鳥として日本に飛来し、他のカモと同じく湖や池、河川などに生息しています。トモエと名の付く通り、オスの顔の模様は非常に特徴的でカモの中でも人気の高い野鳥です。

大きな群れで見られるのは局地的で、基本的には数が少なく他のカモたちの群れの中らか探すことになりますが、顔が黄色と緑色でとても特徴的なので、識別はとても簡単です。

顔が隠れてわかりづらい場合は、胸の横にある白い縦線を目印に探してみましょう。

北印旛沼

北印旛沼

千葉県北部にある北印旛沼には冬になると多くのトモエガモが飛来します。

トモエガモは岸から離れた場所にいることが多いので高倍率の双眼鏡などがあると観察しやすいでしょう。マガモのなど他のカモの群れの中に数羽が混じっていることもあるので他のカモの群れも要チェックです。

風の強い日は風を避けて水際で休んでいることがあるので強風の日もトモエガモの観察にはおすすめです。

新宿御苑【東京都】

中の池

新宿御苑では冬になると苑内に複数ある池にトモエガモがやってきます。

新宿御苑には1羽でやってくることが多く、マガモなどの他のカモの群れに混じって泳いでいるので、顔の模様を頼りに探してみましょう。

トモエガモとマガモ 新宿御苑の野鳥

マガモに混じるトモエガモ(中の池)

枝の陰に隠れていることもあるので、見つからない際は池をぐるっと一周して水際を重点的に探してみましょう。

 

那須野が原公園【栃木県】

那須野が原公園

栃木県那須塩原市にある那須野が原公園には冬に隣接する赤田調整池にトモエガモがやってきます。

赤田調整池は立ち入りができないため、公園内にあるサンサンタワー3階の野鳥観察室から観察することになります。そのため少し距離がありますが、野鳥観察室にはフィールドスコープが常設されているため観察に問題はありません。

ただし、赤田調整池にはトモエガモの他にも多くの水鳥がやって来るのでその中からトモエガモを見つけるのは少し大変です。

野鳥観察室内のパネルには毎年2月中旬になるとやってくると記載されているので、トモエガモを探す場合は2月中旬に行くのがおすすめです。

 

管理人がトモエガモを観察した探鳥地一覧

北印旛沼【千葉県】

新宿御苑【東京都】

那須野が原公園【栃木県】

 

 

スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました