イスカとナキイスカの違いと見分け方

イスカとナキイスカは主に冬鳥として山地の針葉樹林で見られる野鳥です。

その姿は非常によく似ており、行動を共にしていることが多いため、識別ポイントを事前に知っていないと見逃してしまうほどです。

ナキイスカは珍鳥と呼ばれるほど日本で見られるのは稀な野鳥なので見逃してしまわないように必ず識別ポイントは把握しておきましょう。

スポンサーリンク

見た目の違い

イスカとナキイスカの大きな違いは、羽に2本の白線があるかないかです。

イスカの羽が特に模様などはなく黒や灰色なのに対し、ナキイスカの羽には目立つ2本の白線が入ります。

 

ナキイスカの2本の白線は後ろ姿でも確認できるため、真正面や真下からの観察以外では確実な識別方法です

ナキイスカの後ろ姿

 

大きさの違い

ナキイスカの方がイスカよりも少し小さいのですが、これは単体でいる場合、余程ナキイスカの観察経験が多い人でないとわからない程度の違いです。

ただし、白線が見えない状況でイスカの群れの中で小さいと感じるイスカがいた場合はナキイスカの可能性を疑うといいでしょう。

 

色の違い

イスカとナキイスカは共に赤色をしていますが、イスカがくすんだような赤色に見えることが多いのに対し、ナキイスカは鮮やかな赤色に見えること多くなります。

ただし、色の違いは個体差が大きく、光の加減や観察する人の感覚に左右されることも多いため、イスカとナキイスカを同じ条件で観察しなければ判断材料にするのは難しくなります。

 

メスの違い

メスもオスと同じく羽の2本の白線の有無で識別できます。

また、ナキイスカのメスはイスカのメスに比べて黄色味が強く感じられますが、オスと同じく個体差が大きいので色のみで判断するのは注意が必要です。

 

スポンサーリンク

観察頻度の違い

イスカとナキイスカは主に冬鳥として日本にやって来ますが、イスカに比べてナキイスカは日本への渡来数が少なく、稀な野鳥です。

ナキイスカはイスカの群れに混じっていることがほとんどですが、多くの場合はイスカのみの群れでナキイスカが混ざっている確率はかなり低く、ナキイスカが混ざっていても1羽から数羽程度のことが多いです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました