日本で見られるオレンジ色の野鳥たち

オレンジ色の野鳥

日本で見られるオレンジ色の野鳥は数が多い種類も多く、生息域も広い野鳥が多くいます。

鮮やかなオレンジ色をした姿は、赤い鳥や青い鳥と並んで人気の高い種類も多いですが、都市部の公園などでも見られるポピュラーな野鳥もおり、ベテランからバードウォッチング初心者の方まで観察を楽しむことができます。

今回はそんな日本で見られるオレンジ色の野鳥の一部を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ジョウビタキ

ジョウビタキ

ジョウビタキは主に冬鳥として日本にやって来る野鳥です。ジョウビタキのオスはお腹から尾羽にかけて鮮やかなオレンジ色をしています。1羽で行動していることがほとんどの野鳥で、群れで見られることはほぼありません。

冬になると住宅地から山地まで広い範囲で見られ、開けた場所を好んで生息しているため、日本で見られるオレンジ色の野鳥の中でも見かける機会の多いポピュラーな野鳥です。縄張り意識が強い野鳥のなので、1度見つけることができれば、その冬の間は同じ場所で繁殖地に帰る春まで観察することができるできます。

人が多い場所でも普通に見ることができ、公園のベンチなで休憩していると驚くほど近くまでやって来ることもあります。

スポンサーリンク

アマサギ

アマサギは主に夏鳥として田んぼや湿地などにやって来くる野鳥です。アマサギの夏羽になると頭から胸と背中の一部がオレンジ色になります。白い体に鮮やかなオレンジ色の頭は非常によく目立つので、かなり遠くからでも肉眼で見つけることができるほどです。

群れを作ることが多い野鳥で、田んぼの中で群れで採餌している姿がよく見られます。視界の開けた田園地帯なら、アマサギの群れはとてもよく目立つので、田んぼの周囲にある堤防や高台から広範囲に見渡せばアマサギの群れを見つけやすくなるでしょう。

オレンジ色になるのは夏羽の時だけで、冬羽は全身真っ白になりコサギやダイサギなどの他のサギ類と似た姿になってしまうので、オレンジ色のアマサギを観察したい場合は、夏羽の個体が比較的多い5~7月がおすすめです。

スポンサーリンク

コマドリ

コマドリ

コマドリは主に夏鳥として日本にやって来る野鳥です。

鮮やかなオレンジ色の顔に、さえずりがとても美しい野鳥で日本で見られる夏鳥の中でも特に人気が高い野鳥です。

コマドリは主に標高1000m以上の高地に生息し、藪などの姿が隠せる場所を好むため観察できる機会が少なく、暗い場所にいることが多いのでコマドリの鮮やかなオレンジ色を観察するのはかなり難易度が高いです。それでも陽の当たる場所で見られるコマドリはとても綺麗なので、苦労に見合っただけの価値はあるでしょう。

コマドリは水辺の近くを好むので、日に当たる鮮やかなコマドリを観察したい場合は、渓流沿いに岩場が広がるような場所を探すのがおすすめです。岩場なら藪が多い場所よりもコマドリが見やすい場所に出てきてくれる可能性が高く、上流側から探していけばコマドリが見つけやすくなります。

スポンサーリンク

アカハラ

アカハラ

アカハラは主に漂鳥として1年中日本で観察することのできる野鳥です。「アカ」と名前についていますが、お腹はほとんどオレンジ色の野鳥です。

夏は山地の林で繁殖し、冬になると平地へ降りてきて市街地の公園などでも観察できるようになります。アカハラは地面で採餌をすることの多い野鳥で、冬には落ち葉の積もる落葉樹の林がある公園などでよく見られます。

大きな音を立てて落ち葉をひっくり返しながら採餌を行うので、その音を頼りに探すのもおすすめです。

スポンサーリンク

アトリ

アトリ

アトリは主に冬鳥として日本にやって来る野鳥です。胸や羽の一部が綺麗なオレンジ色の野鳥です。年による渡来数の増減が激しい野鳥で、観察頻度は年によって大きく異なります。大きな群れを作ることが特徴で、当たり年には山地から平地まで様々な場所でアトリを見ることができます。

地面に降りて採餌していることが多く、林の中を歩ける遊歩道などでは歩道に出てくることも多いので、アトリのエサとなる種子などが多く落ちているような場所を探すといいでしょう。

 

スポンサーリンク
コラム
スポンサーリンク
野鳥情報.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました