スポンサーリンク

イソヒヨドリが見られる生息地と探す際のポイント

イソヒヨドリが見られる生息地と探す際のポイント

イソヒヨドリは主に留鳥として日本に生息しています。イソと名の付く通り、海岸や河口周辺など、海に近い場所に生息していますが、海から遠く離れた内陸部でも見られることもあります。

海岸沿いの岩場や堤防の上、港のテトラポッドなどイソヒヨドリのエサとなるフナ虫が多い場所を重点的に探すといいでしょう。河口付近の川沿いを歩きながら探すのもおすすめです。人の多い海岸沿いの公園などでは人馴れしている個体も多いので近くで観察することができます。

美しいさえずりはかなり大きいので、さえずってさえくれればイソヒヨドリを見つけるのはかなり簡単です。

スポンサーリンク

若洲海浜公園【東京都】

イソヒヨドリの生息地 若洲海浜公園

東京都江東区にある若洲海浜公園には主に留鳥としてイソヒヨドリが生息しています。

若洲海浜公園は東京湾にある海上公園で、海沿いにはテトラポッドがあるため、イソヒヨドリを探す際はテトラポッドの上を中心に探すといいでしょう。

もちろんテトラポッドの上だけでなく、土手の芝生の上も要チェックポイントです。

イソヒヨドリは留鳥として通年見られますが、海上に水鳥が多くなる冬にそれらの野鳥を併せて探すのがいいでしょう。

園内にはレンタサイクルもあるので、自転車で海沿いを探すのもおすすめです。

関連記事:若洲海浜公園で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

城ヶ島【神奈川県】

イソヒヨドリの生息地 城ヶ島

神奈川県の三浦半島の先端にある城ヶ島にはイソヒヨドリが留鳥として生息しています。

イソヒヨドリは島内のいたるところで観察できますが、南側の岩場がイソヒヨドリの餌となるフナ虫も多くおすすめです。足場の悪い岩場を長く歩くのが辛い場合は、城ヶ島公園やウミウやヒメウの越冬地がある東側を中心に探すといいでしょう。

城ヶ島は海鳥が多く観察できる探鳥地としても有名な場所なので、フィールドスコープを持っていくことをおすすめします。

スポンサーリンク

長沢~野比海岸【神奈川県】

イソヒヨドリの生息地 長沢~野比海岸

神奈川県三浦半島の東部にある長沢~野比海岸には主に留鳥としてイソヒヨドリが生息しています。

イソヒヨドリを探す際は長沢海岸遊歩道から野比海岸公園までが、海岸沿いを歩けるように整備されておりおすすめのポイントです。海岸沿いには各所にベンチが設置されているので、休憩しながらイソヒヨドリがやって来るのをゆっくり待つのもいいでしょう。

海岸から少し距離がありますが、消波ブロックの上に止まっていることもあるので、双眼鏡などでチェックしてみるといいでしょう。

午後に南側から北上していけば順光で観察することができるので、イソヒヨドリを探しに行く際は午後がおすすめです。

スポンサーリンク

江ノ島【神奈川県】

イソヒヨドリの生息地 江ノ島

神奈川県藤沢市にある江ノ島には島内の海沿いにイソヒヨドリが留鳥として生息しています。

観光客が多い江ノ島では人馴れしているイソヒヨドリが多く、江ノ島の入り口にある鳥居の周辺や、駐車場などでも普通に見ることができます。南東にあるテトラポッド前の堤防上にはベンチがあるので、海鳥などを観察しながらゆっくりイソヒヨドリを探すのもいいでしょう。

稚児ヶ淵などでは岩場に降りることができるので、岩場で探すのもおすすめです。江ノ島の岩場は非常によく滑るので、岩場でイソヒヨドリを探す際は転倒に十分注意しましょう。

スポンサーリンク

大磯照ヶ崎海岸【神奈川県】

イソヒヨドリの生息地 大磯照ヶ崎海岸

神奈川県大磯町にある照ヶ崎海岸にはイソヒヨドリが留鳥として生息しています。

照ヶ崎海岸はアオバトの飛来地として全国的にも有名な場所なので、イソヒヨドリを探す際はアオバトがやってくる春から秋がおすすめです。

照ヶ崎海岸はアオバトの観察スペースが整備されているので、そこからイソヒヨドリを探すといいでしょう。

アオバト目的のバードウォッチャーや釣り人など人が多い場所なので人馴れしている個体も多く近くで観察できるのもポイントです。

関連記事:大磯照ヶ崎海岸で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

茜浜【千葉県】

イソヒヨドリの生息地 茜浜

千葉県習志野市にある茜浜にはイソヒヨドリが主に留鳥として生息しています。

茜浜には堤防沿いに歩道が通っており、茜浜運動公園から茜浜の東端までを歩けば高い確率でイソヒヨドリを観察することができるでしょう。イソヒヨドリはテトラポッドの上に止まっていることが多いので、テトラポッドの上は要チェックです。茜浜は南向きのため昼間は逆光の時間帯が多いので、早朝か夕方に順光になる方向からテトラポッドの上を探していくといいでしょう。

茜浜は冬にスズガモやクロガモを始めとした海鳥が非常に多く越冬にやって来るので、イソヒヨドリを探す際は冬がおすすめです。

スポンサーリンク

平磯海岸【茨城県】

イソヒヨドリの生息地 平磯海岸

茨城県ひたちなか市にある平磯海岸には主に留鳥としてイソヒヨドリが生息しています。海岸沿いには岩場や波けしブロックがあり、それらの場所でイソヒヨドリが見られます。海岸に沿って通っている道路沿いの歩道を歩くだけでも高い確率でイソヒヨドリを見ることができるでしょう。

平磯海岸は東側に面しているため、午後には順光の良い条件でイソヒヨドリを探すことができます。

イソヒヨドリは海岸沿いを通る電線の上に止まっていることもあるので、頭上にも注意して探してみましょう。

平磯海岸は冬にシノリガモやヒメウ、ウミアイサを始めとして多くの水鳥が見られることで有名な探鳥地のため、イソヒヨドリを探しに行く際はそれらの野鳥が見られる冬がおすすめです。

関連記事:平磯海岸で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

沖縄本島【沖縄県】

イソヒヨドリの生息地 沖縄本島

沖縄本島には留鳥として多くのイソヒヨドリが生息しています。

海沿いから市街地まで広い範囲で見られ、観察頻度がかなり高い野鳥です。特に意識して探さなくとも普通に見られるほど数多くのイソヒヨドリが生息しています。

漫湖三角池などの野鳥が多く見られる探鳥地で他の野鳥と併せて探すといいでしょう。

スポンサーリンク

宮古島【沖縄県】

イソヒヨドリの生息地 宮古島

沖縄県の南西に位置する宮古島には多くのイソヒヨドリが留鳥として生息しています。

海岸沿いはもちろんのこと、市街地でも普通に見られ、島を代表する鳥といっていいほどの数が生息しています。

宮古島ではイソヒヨドリを目的として探さなくとも、バードウォッチングをしていればいやでも視界に入ってくるので他の野鳥を探しつつイソヒヨドリを観察するのがいいでしょう。その際は宮古島の中でも特に多くの野鳥が観察できる大野山林などで探すのがおすすめです。

スポンサーリンク

管理人がイソヒヨドリを確認した場所一覧

つばさ公園【東京都】

多摩川六郷橋緑地【東京都】

若洲海浜公園【東京都】

大井ふ頭中央海浜公園【東京都】

城ヶ島【神奈川県】

真鶴半島自然公園【神奈川県】

大磯照ヶ崎海岸【神奈川県】

九十九里浜一宮海岸【千葉県】

幕張海浜公園【千葉県】

平磯海岸【茨城県】

波崎【茨城県】

浮島ヶ原【静岡県】

牛伏山公園【静岡県】

金武の田イモ畑【沖縄県】

豊崎干潟【沖縄県】

具志干潟【沖縄県】

漫湖【沖縄県】

喜如嘉水田【沖縄県】

大野山林【沖縄県】

与那覇湾【沖縄県】

東平安名崎【沖縄県】

来間島【沖縄県】

池間島【沖縄県】

平成の森公園【沖縄県】

野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました