茜浜緑地で見られる野鳥と観察ポイント

茜浜緑地で見られる野鳥と観察ポイント
茜浜緑地で期待できる野鳥
 留鳥 イソシギ イソヒヨドリ
 冬鳥 アカエリカイツブリ カンムリカイツブリ クロガモ タヒバリ ハジロカイツブリ カモ類

千葉県習志野市にある茜浜緑地は東京湾沿いにあり、冬に多くの水鳥を観察することができる探鳥地です。新習志野駅から徒歩圏内にあり駐車場もあるのでアクセスのよく気軽に水鳥観察を楽しむことができます。

堤防沿いを歩道が通っており、海岸沿いを歩いて探鳥をすることができます。堤防をブラインド代わりに利用しながら野鳥を観察するといいでしょう。

南側が海に面しているため、晴れの日の昼間は逆光になり水鳥が観察しにくいことが多いので、曇りの日の方が観察には向いています。晴れの日に行く場合は早朝や夕方の方が観察しやすいでしょう。休日には釣り人も多く水鳥が近くまで来ないこともあるので、水鳥の観察は平日がおすすめです。

スポンサーリンク

海上

茜浜緑地で見られる野鳥と観察ポイント 海上

冬の海上にはスズガモやオオバン、カンムリカイツブリにハジロカイツブリがよく見られます。カンムリカイツブリの群れの中にはアカエリカイツブリが混じっていることがあるので探してみるといいでしょう。潜水を繰り返す野鳥が多いので、一見野鳥がいなくても、しばらく待ってみるといいでしょう。

また、沖の方にはクロガモの群れがいることもあます。運が良ければ堤防の近くまで来ることがあるので、クロガモの群れが堤防方面に移動している時はしばらく待ってみるのもいいでしょう。

水鳥は堤防沿いから沖の方まで広範囲に見られるのでフィールドスコープがあると便利です。

午前中は茜浜緑地の西端、夕方には東端で野鳥を探すと順光の良い条件で観察することができるでしょう。

スポンサーリンク

テトラポッド

茜浜緑地で見られる野鳥と観察ポイント テトラポッド

堤防沿いにはテトラポッドがあり、このテトラポッドの上も野鳥がよく見られるポイントです。

留鳥としてはイソヒヨドリやイソシギ、ハクセキレイなどがよく見られます。テトラポッドの上でじっとしていることが多いので、双眼鏡などでチェックしていきましょう。イソヒヨドリは春先にテトラポッドのてっぺんでさえずる姿も見られるので、そのきれいな声を頼りに探してみるのもいいでしょう。

冬になるとタヒバリが加わるのでハクセキレイと見間違えないように注意して探してみましょう。タヒバリは緑地の芝生の上にいることもあるので人の少ない時間帯は要チェックです。

また、コガモやオカヨシガモ、ヒドリガモなどがテトラポッドの上で休憩していることもあるので、堤防にうまく体を隠しながら観察するといいでしょう。

場所によってはテトラポッド沿いでユリカモメなどのカモメの群れが採餌をしている姿も見られます。

スポンサーリンク

突堤

茜浜緑地で見られる野鳥と観察ポイント 突堤

茜浜緑地の西端には堤防からはかなり距離がありますが、突堤が見えます。 この突堤は野鳥の休息所になっており、多くの野鳥が羽を休めている姿が見られます。

周辺の干潟にいる野鳥が満潮時の休息所として利用しているので、満潮時に合わせていくのがおすすめです。普段はカワウが多いですが、冬にはカモメ類やダイシャクシギなども見られます。 突堤まではかなり距離があるので、観察する際はフィールドスコープを利用するといいでしょう。突堤を順光で観察できる午前中の観察がおすすめです。

スポンサーリンク

海浜公園・習志野親水護岸

茜浜緑地で見られる野鳥と観察ポイント 海浜公園

茜浜緑地の東端の水路を挟んで反対側には海浜公園・習志野親水護岸があります。茜浜緑地と同じく堤防沿いを歩くことができるので茜浜緑地と併せて探鳥するといいでしょう。

茜浜緑地と見られる野鳥はほぼ同じですが、沖合にいることの多いクロガモやアカエリカイツブリなどが堤防沿いまで来ていることもあるので、時間に余裕があれば必ずチェックしたいポイントです。 親水護岸にはベンチもあるので休憩をしながらゆっくり探鳥を楽しむことができます。

スポンサーリンク

管理人が茜浜緑地で確認した野鳥

アカエリカイツブリ
イソシギ
イソヒヨドリ
オカヨシガモ
カワウ
カンムリカイツブリ
クロガモ
コガモ
シジュウカラ
スズガモ
セグロカモメ
ダイシャクシギ
タヒバリ
ムクドリ
ハクセキレイ
ハジロカイツブリ
ヒドリガモ
ホシハジロ
メジロ

所在地・アクセス

住所:千葉県習志野市茜浜3丁目

最寄り駅:京葉線「新習志野駅」から徒歩約10分

駐車場:あり

トイレ:隣接する茜浜運動公園にあり

野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました