アトリの生息地と探す際のポイント

アトリは主に冬鳥として日本にやってきます。平地から山地まで様々な場所に生息しているため、比較的観察が容易な野鳥です。しかし、年による渡来数の増減が激しく観察頻度は人によってまちまちです。

アトリは群れで行動していることがとても多く、当たり年にはかなりの大群を見ることができます。電線や木に鈴なりになって止まっていることがよくあるため、アトリの生息地で小鳥の大きな群れを見つけたらチェックしてみましょう。

アトリは地面で採食することが多いので、落ち葉のある場所で広い範囲からガサガサと落ち葉をひっくり返す音がしたらアトリがいる可能性が高いです。同じく落ち葉をひっくり返すことの多いツグミやシロハラ等は1羽でいることが多いため、音は1か所からしか聞こえず、アトリの群れがひっくり返す音とは少し違います。

スポンサーリンク

嵯峨塩深沢林道【山梨県】

嵯峨塩

嵯峨塩深沢林道とその周辺では冬に多くのアトリを観察することができます。

アトリは林道の入り口周辺の斜面や、林道に出てきて採食しているため、気付かずに飛ばさないように地面に注意しながら探していきましょう。

また林道に行くまでの川沿いの道でもアトリが見られることが多いため、林道までの行きや帰りも注意して探してみましょう。

嵯峨塩深沢林道は雪が積もってからだと、林道へ行くまでにスタッドレスタイヤなどが必要になり、除雪のされていない林道は足場がとても悪くアトリを探すのが大変になるので、アトリを探しに行く際は雪が積もる前をおすすめします。

関連記事:嵯峨塩深沢林道で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

明治神宮【東京都】

明治神宮

明治神宮は原宿駅と直結しているためアクセスがとても良く、気軽にアトリを観察できる探鳥地としておすすめの場所です。

アトリは林の地面で採食していたり、木の高いところを群れで飛び回っていたりします。明治神宮ではシジュウカラやヤマガラ、メジロなどの大きさが同じくらいの小鳥が留鳥として多数生息しているため、紛らわしいことが多々ありますが、アトリはそれらの野鳥の群れよりも一回り大きな群れで行動していることが多いので、冬に明治神宮で小鳥の大群を見つけたらアトリの可能性がかなり高いです。

ただし、明治神宮は広いのでアトリの群れを見つけるのに少し時間がかかることもあるので注意しましょう。

また、アトリが中々見つけられない場合は500円を払って御苑に入って探すのもおすすめです。

関連記事:明治神宮で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

渡良瀬遊水地【栃木県他】

渡良瀬遊水地

栃木県等四県にまたがる渡良瀬遊水地では冬に谷中湖周囲の林などにアトリの群れがやって来ます。

アキニレの木などアトリが好んで食べるものがある場所を中心に探すのがおすすめです。ベニマシコなどの他の野鳥と一緒になって採餌をしていることが多いので小鳥の群れを見つけたら必ずチェックしましょう。

渡良瀬遊水地は広大で谷中湖の周囲だけでもかなりの広さがあるので、レンタサイクルで自転車を借りて遊水地内を自転車で回りながら探すのがおすすめです。

関連記事:渡良瀬遊水地で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

千本松牧場【栃木県】

千本松牧場

栃木県にある千本松牧場は牧場と名がついていますが、牧場の奥に広大な林が広がっています。林の中には歩道や車が通れる道路などがいくつもあり、アトリの観察に適しています。

嵯峨塩深沢林道同様に平地とはいえ雪が積もると足場が悪く、歩き回るのが大変なのでアトリの観察は雪が積もる前をおすすめします。

雪が積もっている場合は、雪が解けて落ち葉などが見えている場所や、歩道にできた水たまりなどにアトリが来る可能性が高いのでそういった場所を重点的に探してみましょう。

関連記事:千本松牧場で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

野辺山高原【長野県】

野辺山高原

長野県の八ヶ岳山麓にある野辺山高原では冬に高原周囲の林にアトリの群れがやって来ます。高原には林が点在しており、年によっては大群で林を飛び回るアトリを見ることができます。落葉樹の林や農耕地の林縁などを中心に探すといいでしょう。

野辺山高原は広大なのでアトリの群れを見つけるのは少し大変かもしれませんが、アトリの他にもベニヒワやオオモズ、コミミズクやキレンジャクなど人気の冬鳥が観察できる探鳥地としても有名なので併せて探してみるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

管理人がアトリを観察した場所一覧

明治神宮【東京都】

21世紀の森と広場【千葉県】

筑波山【茨城県】

小山ダム【茨城県】

千本松牧場【栃木県】

渡良瀬遊水地【栃木県他】

小根山森林公園【群馬県】

嵯峨塩深沢林道【山梨県】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました