富士山吉田口登山道で見られる野鳥と観察ポイント

富士山吉田口登山道 野鳥

富士山吉田口登山道で期待できる主な野鳥

留鳥 アオバト アカゲラ コガラ ヒガラ ミソサザイ

夏鳥 アカハラ キビタキ コサメビタキ コルリ ノジコ ビンズイ ヤブサメ

冬鳥 アトリ

富士山吉田口登山道は富士山の山梨県側にある登山道の一つです。一年を通してバードウォッチングが楽しめる場所ですが、特に夏鳥が多く観察できる探鳥地となっています。

登山道ですが、アップダウンが少ないポイントもあるので、軽装備でもバードウォッチングを楽しむことができます。

ここでは中ノ茶屋から馬返し周辺までの野鳥情報を紹介しています。

スポンサーリンク

中ノ茶屋周辺

中ノ茶屋 富士山吉田口登山道 野鳥

吉田口登山道の中でも中ノ茶屋周辺はしばらくアップダウンが少なく、明るい場所も多いためバードウォッチングに非常に向いているポイントになります。

中ノ茶屋の裏手には小川が流れており、水場が少ない吉田口登山道において野鳥たちの貴重な水浴びポイントになっており、キビタキやノジコを始めとした様々な野鳥が水浴びにやってくる可能性があります。小川沿いの藪ではヤブサメがさえずっていることもあるので、探してみるといいでしょう。

富士山吉田口登山道 ノジコ 水浴び

水浴びにやってくるノジコ

中ノ茶屋から登山道を少し登ると右側が少し開け、低木がいくつかある場所が見えてきます。この辺りは、野鳥が見やすく、数も多いポイントなのでここを中心に野鳥を探すのがおすすめです。夏鳥ではキビタキやコサメビタキ、センダイムシクイなどが期待できます。冬にはアトリがよく見られるのもこのあたりです。

ビンズイも多く見られるポイントで、地面で採餌をしていたり、高い場所でさえずっている姿がよく見られます。登山道に出てきて採餌しているビンズイに気が付かずに飛ばしてしまわないように注意しましょう。

また、この辺りは年間を通してアカゲラがよく見られるポイントになります。特に葉の落ちた冬はアカゲラが非常に観察しやすくなるので探してみるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

大石茶屋跡周辺

大石茶屋跡 野鳥

中ノ茶屋から登山道をしばらく登っていくと大石茶屋跡に着きます。

大石茶屋跡の向かい側にあるレンゲツツジの群生地は開けており、林縁に野鳥がいれば非常に観察しやすい場所になっています。

このあたりも中ノ茶屋周辺同様、野鳥の多いポイントです。初夏にはキビタキのさえずりがいたるところから聞こえてくるでしょう。また、このあたりではコルリがよく見られるようになります。茶屋跡周辺でさえずりを頼りに探してみるといいでしょう。

コルリ 富士山吉田口登山道

大石茶屋跡周辺でよく見られるコルリ

標高が高いため、平地よりも葉が生い茂るのが遅く五月の中旬ぐらいまでは、野鳥を探しやすいでしょう。

 

スポンサーリンク

馬返し

馬返し 野鳥 富士山吉田口登山道

大石茶屋跡を過ぎてさらに登山道を登っていくと、馬返しに到着します。

このあたりでもキビタキはよく見られます。アオバトの鳴き声もよく聞こえるので、声が聞こえたら周囲の木々の上の方に止まっていないか探してみるといいでしょう。

馬返しにはバス停や駐車場、登山シーズンには仮設トイレも設置されるため、ここを拠点にバードウォッチングをするのもいいでしょう。馬返しを拠点とするなら馬返し~二合目間、馬返し~大石茶屋跡間で野鳥を探すといいでしょう。

馬返し~二合目間ではビンズイやミソサザイ、アカハラなどが期待できます。

スポンサーリンク

富士山吉田口登山道で管理人が確認した野鳥一覧

アオバト
アカゲラ
アカハラ
アトリ
ウグイス
エゾムシクイ
エナガ
カケス
カッコウ
ガビチョウ
カワラヒワ
キクイタダキ
キバシリ
キビタキ
コガラ
コゲラ
ゴジュウカラ
コルリ
サンショウクイ
シジュウカラ
センダイムシクイ
ツグミ
ツツドリ
ノジコ
ヒガラ
ヒヨドリ
ビンズイ
ホオジロ
ミソサザイ
メジロ
ヤブサメ
ヤマガラ

富士山吉田口登山道のブログ記事

富士山吉田口登山道のブログ記事一覧

所在地・アクセス

住所:山梨県富士吉田市上吉田5601−1(中ノ茶屋)

最寄りの高速出口:中央自動車道富士吉田線「富士吉田IC」より約10分

駐車場:あり

トイレ:あり(登山シーズンのみ)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました