カルガモとマガモのメスの違いと見分け方

カルガモとマガモのメスの違いと見分け方

カルガモは主に留鳥、マガモは主に漂鳥や冬鳥として水辺に生息している野鳥です。

カルガモはほとんどの場所で一年中見ることができ、数も多く観察機会の多い野鳥です。一方で、マガモも冬に飛来するカモ類の中では数が多く、時には大群で見られることもあり、カルガモほどではないですが観察する機会の多い野鳥です。

特に冬には同じ場所で見られることが多く、見た目が明らかに異なるマガモのオスと違い、マガモのメスはカルガモとよく似ているので、識別ポイントはしっかりと押さえておくといいでしょう。

※カルガモはほぼ雌雄同色のため、ここではカルガモの雌雄は考慮していません。

スポンサーリンク

見た目の違い

顔の違い

カルガモとマガモのメスの違いと見分け方 顔の違い

カルガモとマガモのメスはよく観察すると顔にかなりの違いがあります。

カルガモの顔全体が白~クリーム色をしているのに対し、マガモのメスの顔は薄い斑模様をしています。そのため、遠目から見るとカルガモの方がかなり白い印象を受けます。

カルガモとマガモのメス共に黒い過眼線がありますが、カルガモの方が濃くはっきとしています。

くちばしの違い

カルガモとマガモのメスの違いと見分け方 くちばしの違い

カルガモとマガモのメスにはくちばしにも特徴的な違いがあります。

カルガモのくちばしは大部分が黒く、先端が黄色から橙色をしています。

マガモのメスのくちばしは全体的に橙色をしており、上面に黒味があります。この黒い部分は個体差が大きく、くちばしがほとんど黒く見えるものから、反対にほとんど橙色に見えるものまで様々なものがいます。

三列風切の違い

カルガモとマガモのメスの違いと見分け方 三列風切

体全体の模様は非常によく似ている両種ですが、お尻の方にある三列風切に特徴的な違いがあります。

両種とも三列風切の大部分は茶色をしていますが、カルガモは三列風切の下部が白く、マガモのメスは三列風切の上部が白っぽくなっています。

カルガモの白色部分ははっきりとしていますが、マガモのメスはグラデーションの様に上になるにつれて色が薄くなっています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました