ムクドリとコムクドリの違いと見分け方

スポンサーリンク

ムクドリとコムクドリの違いと見分け方

ムクドリとコムクドリは共にムクドリ科の野鳥です。名前は非常によく似た両種ですが、識別ポイントは多く、見分けるのは比較的簡単です。

両種とも習性は似ており、群れで行動することが多く、樹上でも地上でも採餌を行います。

同時に見られることもあるので識別ポイントはしっかりと押さえておくといいでしょう。

ムクドリはほぼ雌雄同色、コムクドリは雌雄で大きく違うため特に記載がない場合はコムクドリのオスとムクドリの違いについて解説しています。

スポンサーリンク

見た目の違い

大きさの違い

名前の通り、ムクドリの方がコムクドリよりも少し大きいですが、単独でいる場合に大きさで判断できるほどの違いはありません。

コムクドリは渡りの時期にムクドリの群れに混じっていることも多いので、行動を共にしている場合は大きさの違いを比べてみるといいでしょう。

顔の違い

ムクドリとコムクドリには顔に大きな違いがあります。

ムクドリとコムクドリの違いと見分け方 顔のちがい

まず、ムクドリが黒い頭に白い頬なのに対し、コムクドリは白い頭に赤い頬をしています。この顔の違いは最も簡単な識別ポイントなので、しっかりと押さえて置くといいでしょう。

ただし、両種とも頬の色の範囲は個体差が激しく、顔の半分以上が白いムクドリや顔の半分以上が赤いコムクドリも見られるので注意が必要です。

また、くちばしにも特徴的な違いがあります。

ムクドリのくちばしがオレンジ色なのに対し、コムクドリのくちばしは黒色をしています。ムクドリのくちばしは基本的にオレンジ色ですが、くちばしの先端が黒色をしている者もいます。また、コムクドリの幼鳥はくちばしが黄色いので注意しましょう。

翼の違い

両種には翼にも違いがあります。

ムクドリとコムクドリの違いと見分け方 つばさの違い

ムクドリの翼が全体的に灰色なのに対し、コムクドリの翼には光沢があり、光に当たると翼の一部が青緑色に光ります。また、コムクドリの翼には目立つ白斑もあります。

コムクドリの白斑の大きさには個体差がありますが、比較的目立つ識別ポイントなので押さえておくといいでしょう。

足の違い

ムクドリとコムクドリには足にも違いがあります。

ムクドリとコムクドリの違いと見分け方 足の違い

ムクドリの足がオレンジ色をしているのに対し、コムクドリは黒色をしています。

コムクドリのメス

コムクドリのメスは、オスの様に特徴的なポイントが少ないですが、その分一部の識別ポイントを押さえておけば比較的簡単にムクドリと見分けることができます。

コムクドリのメスは顔が薄い褐色をしているため、白いアイリングが目立ちます。

ムクドリとコムクドリの違いと見分け方 コムクドリのメス

また、メスの翼にはオスの様に光沢はありません。

スポンサーリンク

見られる時期の違い

主に留鳥として一年を通して観察する機会のあるムクドリに対して、コムクドリは主に夏鳥として日本にやってくるため、春から秋と観察機会が限られています。

コムクドリは主に山地の林で繁殖しますが、春や秋の渡りの時期には平地でも見られるようになります。渡りの時期にはムクドリの群れに混じって行動していることもあります。

そのため、春や秋の渡りの時期には同時に観察できる機会が多く、識別の練習には最適の時期です。

関連記事:コムクドリが見られる生息地と探す際のポイント

野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました