アオクビアヒル 手賀沼マガモ 霞ヶ浦総合公園

マガモとアオクビアヒルはとてもよく似ており、一羽でいると識別するのは難しいので相違点をまとめました。

しかしアオクビアヒルは個体差がかなりあるため、ここで述べる相違点は識別の際の一つの目安としてお考え下さい。

スポンサーリンク

 

大きさの違い

マガモとアオクビアヒルの決定的な違いは大きさで、マガモよりアオクビアヒルの方が一回り大きいです。マガモの他にもカルガモなど一般的なカモ類と比べるとその大きさの違がよくわかるので、近くにカモ類がいたら比較してみましょう。

アオクビアヒル カルガモ 手賀沼

カルガモと並んだアオクビアヒル

体型や色の違い

マガモとアオクビアヒル

お尻がすっきりしているマガモに対して、アオクビアヒルの方は、お尻が大きく重心が後ろに行っている印象です。

お腹の色もマガモは淡い茶色や灰色ですが、アオクビアヒルの方はアヒルのような白が目立つ個体がいます。

マガモ アオクビアヒル

泳いでいる姿もお尻が大きい分アオクビアヒルの方はお尻が上がって見えます。

見られる時期の違い

主に冬鳥として日本にやってくるマガモと違い、アオクビアヒルは留鳥として一年中同じ場所に生息しています。

しかし冬鳥としてやって来るマガモも、中には冬が終わっても残る個体もいるので注意が必要です。

スポンサーリンク