ハジロカイツブリの夏羽と冬羽の違い

ハジロカイツブリの夏羽と冬羽の違い

ハジロカイツブリは主に冬鳥として海上や湖沼などで見られる野鳥です。

冬鳥として日本にやってくるため冬羽を観察する機会が多い野鳥ですが、場所によっては北へ渡る直前の春先に夏羽も見ることができます。

夏羽と冬羽では別の野鳥に思えるほど姿が変わるので、見られる時期を意識して探してみるといいでしょう。

ハジロカイツブリが見られる生息地は以下の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

見た目の違い

顔の違い

ハジロカイツブリの夏羽と冬羽の違い 顔の違い

ハジロカイツブリの夏羽と冬羽には顔に大きな違いがあります。

最も特徴的な違いは夏羽にある金色の飾り羽です。夏羽の真っ黒な顔に金色の飾り羽は非常に目立ちます。

一方で冬羽の方に飾り羽はなく、頬は白くなっており、顔の上半分が黒く、下半分が白になっています。

また、くちばしの色にも違いがあり、夏羽はくちばしが黒色なのに対し、冬羽のくちばしは鉛色になっています。

脇腹の違い

ハジロカイツブリの夏羽と冬羽の違い 脇腹の違い

ハジロカイツブリの夏羽と冬羽には脇腹の色にも特徴的な違いがあります。

夏羽の脇腹は赤茶色をしており、冬羽の脇腹は白~灰色をしています。

色の濃さなどには個体差がありますが、遠目から見ると夏羽の方は全体的に黒っぽく感じます。

換羽期

ハジロカイツブリの夏羽と冬羽の違い 換羽期

換羽期には夏羽と冬羽の両方の特徴を持つ個体も見られます。

特に北へ帰る直前の春先に見られることが多く、ハジロカイツブリの飛来数の多い場所では夏羽、換羽中、冬羽の個体を同時見られることもあります。

 

スポンサーリンク

スマホ用野鳥識別アプリ

Picture Bird - 撮ったら、判る--1秒鳥図鑑
Picture Bird - 撮ったら、判る--1秒鳥図鑑
開発元:Next Vision Limited
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました