スポンサーリンク

 

今日は先週に引き続き茨城県ひたちなか市にある平磯海岸へ。

前回と同じく平磯海浜公園付近から探鳥を開始。

防潮堤の上では2羽のスズメが行き交う車を仲良く眺めていました。

スズメ

 

幸先よく探鳥を始めてすぐにシノリガモを発見。

シノリガモとウミウ

ウミウと仲良く堤防の上で休んでいました。

 

平磯海浜公園北側の岩場では前回と同じ場所でヒメウが休んでいました。

ヒメウ

今回も岩場の一番高い場所はウミウに譲って、ヒメウは一段低い場所。

 

ウミウと並ぶとヒメウの首がかなり細いのがわかります。

ヒメウとウミウ

顔もきれいに黒く染まっているので遠目からだと目がないように見えます。

岩場の近くには泳いでいるヒメウもいましたが、曇り空で周囲も暗かったため、いつも以上に黒い塊が泳いでいるように見えました。

ヒメウ

 

ヒメウやウミウの少し手前ではシノリガモが今回も見やすい位置にいてくれました。

シノリガモ

 

岩場には前回よりも多くのシノリガモがおり、羽繕いをして黒い頭央線を見せてくれる個体もいました。

シノリガモ

 

こちらの個体は足をきれいにたたんでまん丸くなっていました。

シノリガモ

 

シノリガモのメスは一番手前におり、オスとの違いをじっくりと見比べることができました。

シノリガモ

 

ウミアイサは比較的海岸近くを泳いでいましたが、潜水のペースが異常に速く写真に収めるのに苦労しました。

ウミアイサ

 

イソヒヨドリは相変わらず警戒心がなく、すぐ近くで逃げずに観察させてくれました。

イソヒヨドリ

 

こちらのシノリガモはカニを捕らえた様子。

シノリガモ

足を捥いでいるのか、しきりにくちばしの中で転がしていました。

 

別の岩場ではさらに防潮堤の近くで休んでいるシノリガモを発見。

シノリガモ

今度はきれいな後頭部を見せてくれました。

 

メスはくちばしを背中に突っ込んでいましたが、白斑はバッチリと見えていました。

シノリガモ

 

シノリガモがいた近くの岩場ではウミネコたちが一切鳴かずに静かに止まっていました。

ウミネコ

 

シノリガモたちよりもさらに近くに来てくれたウミアイサ。

ウミアイサ

先ほどと同じく潜水するペースの速い個体でしたが、何とか写真に収めることができました。

 

カルガモは相変わらず数が多く百羽を余裕で超える数が見られました。

カルガモ

 

海岸沿いを歩いていると突然真上から大きな声で驚かしてきたのはセグロカモメ。

セグロカモメ

真上にいたのに鳴かれるまで、全く気が付きませんでした。

 

平磯海岸から少し北上して磯崎海岸へ。

 

このウミアイサは潜水ペースが遅く、こちらと並走するように泳いでくれたため、かなり楽に観察することができました。

ウミアイサ

 

平磯海岸よりは数は少ないですが、磯崎海岸でもシノリガモはよく見られました。

シノリガモ

 

先ほどの個体よりもさらに警戒心がないイソヒヨドリ。

イソヒヨドリ

尾羽を上下させながらこちらの様子を伺っていました。

 

イソシギは珍しく近くでじっとしていてくれていたため、ゆっくりと観察することができました。

イソシギ

 

その後阿字ヶ浦海水浴場まで足を延ばしてみましたが、特に変わった野鳥は見られませんでした。

 

今回確認した野鳥

イソシギ
イソヒヨドリ
ウミアイサ
ウミウ
ウミネコ
カルガモ
コサギ
シノリガモ
スズメ
セグロカモメ
ヒメウ

スポンサーリンク