マヒワとアオジの違いと見分け方

マヒワとアオジの違いと見分け方

マヒワとアオジは共に漂鳥や冬鳥として、山地から平地の林や河川敷などで見られる野鳥です。

体の色合いや模様が似ており、オス同士だけでなくメス同士も非常によく似ています。

共に冬によく見られる野鳥で、同じ場所で観察できる機会もある野鳥なので、識別ポイントはしっかりと押さえておくといいでしょう。

スポンサーリンク

見た目の違い

オス同士の違い

顔の違い

マヒワとアオジのオス同士の分かりやすい違いとして、目先の黒色部分の広さがあります。

マヒワとアオジのオスは共に目先が黒くなっていますが、マヒワのオスは黒色部分が目先から頭まで広がっているのに対し、アオジのオスは黒色部分が目先からくちばしの根元までにとどまっています。

そのため、マヒワのオスは黒い帽子をかぶっているように見え、分かりやすい識別ポイントになるので押さえておきましょう。

お腹の違い

マヒワとアオジの違いと見分け方 オス同士 お腹の違い

マヒワとアオジのオスは共に黄色いお腹をしています。

マヒワはお腹の下の方が白く、個体によってはこの白色部分が胸の方まで広がっていて白っぽく見えるものもいます。

アオジは黄色の濃さに個体差があり、黄色よりも黄緑色に近いものもいます。

両種とも脇に縦班がありますが、アオジはこの縦班が胸まで続いています。

 

背中の違い

マヒワとアオジの違いと見分け方 オス同士 背中の違い

マヒワのオスの背中には淡い縦班があり、アオジの背中ははっきりとした線のように見える模様があります。

お腹や顔が見えない場合の簡単な識別ポイントになるので必ず押さえておきましょう。

メス同士の違い

お腹の違い

マヒワとアオジの違いと見分け方 メス同士 お腹の違い

マヒワのメスはオスに比べて全体的に黄色味が薄く、お腹もほぼ白色で個体によっては薄く黄色がかる程度です。

アオジのメスもオスに比べると黄色味は薄いですが、お腹はマヒワほど白くなくはっきりと黄色味を感じられる個体がほとんどです。

また、マヒワのメスはオスと違って胸まで目立つ縦班があるため、縦班による識別は控えた方がいいでしょう。

背中の違い

マヒワとアオジの違いと見分け方 メス同士 背中の違い

マヒワとアオジはメス同士も背中の模様に違いがあります。

背中はオス同士と同じく、マヒワは薄い縦班があり、アオジはハッキリとした線のような模様があります。

メスは顔やお腹がオス同士と比べて非常によく似ており、背中は重要な識別ポイントになるので必ず押さえておきましょう。

スポンサーリンク

習性の違い

・マヒワは冬に群れで行動することが多い野鳥で、数十羽から時には数百羽の大群で見られることもあります。一方でアオジは数羽の群れで行動していることもありますが、基本的には単独で見られることが多い野鳥です。

 

・マヒワはハンノキの実や松の実を好んで食べるため、木の上やそれらの実が落ちている地面で見られますが、アオジは藪を好む(特に冬季)ので地面や低木林など地面に近い場所でよく見られます。

スポンサーリンク

マヒワとアオジが見られる生息地

マヒワとアオジが見られる生息地については下記の記事で紹介しています。

関連記事:マヒワが見られる生息地と探す際のポイント

関連記事:アオジが見られる生息地と探す際のポイント

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました