オオルリ

オオルリは主に夏鳥として山地の林に生息しています。「ルリ」と名の付く鮮やかな瑠璃色の体はとても美しく日本で見られる夏鳥の中でも人気が高い野鳥です。

渓流沿いの林など水辺の近くの林を好んで生息しているため、オオルリを探す際は渓流沿いに遊歩道が整備されている場所がおすすめです。飛んでいる小さな虫を飛びながら捕まえるため、小さな虫が密集して飛んでいる場所はオオルリの餌場になっていることがあるのでオオルリの生息地ではそれらの場所で待ってみるのもいいでしょう。

オオルリは日本三鳴鳥と呼ばれるほど美しい声でさえずりをします。ただし、オオルリがいる場所には似た声でさえずるキビタキがいることも多く、慣れないうちは混同しないように注意が必要です。

春と秋の渡りの時期には平地の林で観察されることもあり市街地の公園などでも観察されることがあるので、遠くまでオオルリを探しに行けない方は近くの少し緑の多い公園を探してみるのもおすすめです。特に過去に渡りの時期にオオルリの観察例がある場所はオオルリの渡りのルートになっている可能性があるので、要チェックです。

また、オオルリにはコルリやルリビタキといった青い鳥御三家と呼ばれるオオルリと似た野鳥がいるので識別には注意しましょう。

関連記事:オオルリとコルリの違いと見分け方

関連記事:オオルリとルリビタキの違いと見分け方

スポンサーリンク

梅ヶ瀬渓谷【千葉県】

千葉県の房総半島中央部にある梅ヶ瀬渓谷には春から夏にかけて渓谷沿いの林にオオルリがやって来ます。

渓谷沿いに飛び出た枝の先などオオルリの止まりそうな場所を中心に探していきましょう。渓谷沿いの遊歩道は足場が悪く、道幅も狭い場所が多いので開けていてベンチもある日高邸跡を中心にオオルリを探すのがおすすめです。

上流のほうは水深の浅い場所を通る箇所もあるため、防水性のある靴で行くといいでしょう。

また。梅ヶ瀬渓谷にはヤマビルが多く生息しているため、雨上がりや湿った場所では要注意です。オオルリを待っている時など立ち止まっている時に吸われることが多いので、オオルリを待つ際は草のある場所を避けて少し開けた場所で待つのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

栃木県民の森【栃木県】

栃木県民の森

栃木県矢板市にある栃木県民の森には夏にオオルリがやってきます。

管理事務所から宮川渓谷を下るとある郷土の森付近は少し開けており、オオルリの観察に適した場所です。川にオオルリが水浴びにやってくる可能性もあるので木の上でなく、水の流れが止まっている場所も探してみましょう。

管理事務所や駐車場付近でも見られることがあるので、渓谷に降りる前に探してみましょう。

管理事務所ではスタッフの方に野鳥情報を聞くこともできるので、バードウォッチングを始める前に一度、オオルリが見やすい場所を聞いてみるのもおすすめです。

また、栃木県民の森では公式ブログやTwitterで野鳥情報を発信してくれているのでチェックしてから向かうとオオルリを観察できる可能性が上がります。

関連記事:栃木県民の森で見られる野鳥と観察ポイント

 

スポンサーリンク

東荒川ダム親水公園【栃木県】

東荒川ダム親水公園

上で紹介した栃木県民の森の近くにある東荒川ダム親水公園は園内に小川が流れており、その付近でオオルリを観察することができます。

おすすめは野鳥観察窓付近で、比較的背の低い木々が多く、オオルリがいればちょうど目線ぐらいの高さで観察することができます。

ただし、栃木県民の森と比べると小さな公園なので、オオルリを探す際は、栃木県民の森や近くの尚仁沢湧水などの探鳥地と合わせて探すことをおすすめします。

関連記事:東荒川ダム親水公園で見られる野鳥と観察ポイント

 

スポンサーリンク

大沼公園【栃木県】

栃木県那須塩原市にある大沼公園にはオオルリが夏鳥として生息しています。

大沼は周囲を木道が通っており、歩いて一周することができるので、沼の林縁を中心に探してみるといいでしょう。

駐車場周辺も明るい場所も多くオオルリを探すのにおすすめのポイントです。

体力に自信のある方は駐車場の反対側にある富士山に登ってみるのもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

伊香保森林公園【群馬県】

伊香保森林公園

群馬県の伊香保温泉の近くにある伊香保森林公園では夏にオオルリがやってきます。

コマドリやコルリで有名な伊香保森林公園では視線が下に行きがちですが、木の上ではオオルリを観察することができます。

オンマ谷のほうからシダの池の方へ下っていけば、いたるところでオオルリを観察できる可能性があります。

ただし、オンマ谷付近は階段の上り下りが多いので足腰に自信のない方がシダの池でオオルリが水浴びに来るのを待つのがおすすめです。

関連記事:伊香保森林公園で見られる野鳥と観察ポイント

 

スポンサーリンク

吐竜の滝【山梨県】

吐竜の滝 オオルリ

山梨県の北杜市にある吐竜の滝では滝周辺の林にオオルリが夏鳥として生息しています。

オオルリは駐車場から吐竜の滝までの川俣渓谷沿いでよく見られます。滝の近くは滝の音でオオルリのさえずりが聞こえづらいことがあるので、駐車場から滝の少し手前までを往復しながら探すといいでしょう。

駐車場から少し進んだ遊歩道が二つに分かれている場所が比較的明るい林でオオルリが探しやすくおすすめのポイントです。

吐竜の滝は観光地としても人気の場所なので、遊歩道に人が多い場合は駐車場周辺の斜面林でオオルリを探すといいでしょう。

渓谷沿いの遊歩道は清泉寮の方まで続いているので、体力のある方は清泉寮の方まで足を延ばしてみるのもいいでしょう。ただし、吐竜の滝より先は足場がかなり悪くなるので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

御胎内清宏園【静岡県】

御胎内

静岡県御殿場市にある御胎内清宏園にはオオルリが夏鳥としてやって来ます。

入園料がかかりますが、サンコウチョウを始めとした多くの夏鳥が観察できることで有名な探鳥地です。

園内には野鳥観察エリアとして遊歩道が整備されているので、その遊歩道を1周しながらオオルリを探すといいでしょう。

オオルリが水浴びにやってくる可能性がある不老ヶ池周辺で探すのもおすすめです。

スポンサーリンク

東京港野鳥公園【東京都】

東京港野鳥公園

東京都大田区にある東京港野鳥公園には主に春や秋の渡りの時期などにオオルリが訪れます。

渡りの途中に立ち寄るだけなので観察できる期間は短いですが、東京港野鳥公園の公式ホームページにほぼ毎日野鳥情報が掲載されているため、ホームページをチェックしていればかなりの確率でオオルリを観察することができます。

また、オオルリの居場所が分からなければ園内を巡回しているボランティアの方々に聞いてみるのもおすすめです。

 

関連記事:東京港野鳥公園で見られる野鳥と観察ポイント

 

スポンサーリンク

管理人がオオルリを観察した探鳥地一覧

東京港野鳥公園【東京都】

21世紀の森と広場【千葉県】

梅ヶ瀬渓谷【千葉県】

栃木県民の森【栃木県】

東荒川ダム親水公園【栃木県】

尚仁沢湧水【栃木県】

伊香保森林公園【群馬県】

吐竜の滝【山梨県】

御胎内清宏園【静岡県】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました