タゲリが見られる生息地と探す際のポイント

スポンサーリンク

タゲリが見られる生息地と探す際のポイント

タゲリは主に冬鳥として日本に飛来し、その名の通り田んぼに生息していることが多い野鳥です。

タゲリは群れでいることが多く、田んぼの上空を野鳥の群れが飛んでいたら着地点を確認しましょう。タゲリがやって来る冬は田んぼに稲もないので、着地点はわかりやすいと思います。

タゲリのいる冬の田んぼには猛禽類がいることも多く、猛禽類が近づくとタゲリが一斉に飛び立ちます。田んぼの上空を猛禽類が飛んでいたら下からタゲリが飛び立たないかチェックしましょう。

タゲリは飛んでいる最中、お腹と羽の裏の白色がよく目立ちます。ハトやムクドリとは違いが明らかなので、双眼鏡で見ることができれば遠くからでも識別可能です。

採餌していない時は田んぼのあぜ道沿いなどで座ってじっとしていることが多いので、田んぼに一見タゲリの姿が見られなくても双眼鏡などでチェックしてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

涸沼【茨城県】

タゲリの生息地 涸沼

涸沼の周辺の田んぼには冬にタゲリがやってきます。

涸沼周辺にはかなり広い範囲に田んぼが広がっているため、タゲリのいる場所を見つけるのは大変ですが、田んぼは視界を遮るものが少ないので上記の様に飛んでいるタゲリの群れを探すといいでしょう。涸沼や涸沼川の堤防の上から田んぼを見渡しながら探すのがおすすめです。

また涸沼へは車で行くのがベストですが、車で行くことができない場合、臨海大洗鹿島線の「涸沼駅」周辺の田んぼを探すのがおすすめです。

この辺りは、草木も適度に生い茂っており少し視界は悪い場所が多いですが、タゲリの他にもベニマシコや、チョウゲンボウなどの猛禽も観察することができます。

関連記事:涸沼で見られる野鳥と観察ポイント

 

スポンサーリンク

北印旛沼【千葉県】

タゲリの生息地 北印旛沼

北印旛沼周辺の田んぼにも冬になるとタゲリがやってきます。

タゲリを探すなら北印旛沼西端の排水機場付近がおすすめです。

この辺りは田んぼを一望でき、チョウゲンボウなどの猛禽が止まるような電柱や建物も適度にあり、湖上のカモ類も観察しやすいので、タゲリの他にも多くの野鳥が期待できます。

北印旛沼周辺には複数の駅がありますが、北印旛沼まではどの駅からも少し距離があり数十分は歩くことになるので、電車で行く際は最初に駅周辺の田んぼでタゲリを探し、見つからなければ北印旛沼まで足を延ばすといいでしょう。

関連記事:北印旛沼で見られる野鳥と観察ポイント

 

スポンサーリンク

北新田【千葉県】

北新田

北新田は千葉県我孫子市の利根川沿いに広がる広大な田園地帯です。

タゲリは広い田んぼを飛び回っているので、ほかの探鳥地と同じく飛んでいるタゲリを見つけて着地点を探すのがいいでしょう。太陽の位置の関係上、6号線側から利根川の方を見ながら探すのおすすめします。

北新田にはノスリなどの猛禽類が生息しているため、タゲリが猛禽類に驚いて飛び立つ可能性も高いので、田んぼの上空を飛ぶ猛禽類の動向には注意しましょう。

また、北新田でタゲリが見つからない場合は近くの手賀沼周辺の田んぼに行ってみるのもおすすめです。

関連記事:北新田で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

コジュリン公園【千葉県】

タゲリの生息地 コジュリン公園

千葉県香取郡東庄町にあるコジュリン公園は利根川と黒部川にはさまれた河川敷にあります。

公園の南側には田園地帯が広がっており、その田んぼにタゲリが冬鳥として生息しています。

堤防の上から田んぼを見渡すことができるため、広範囲に田んぼを見渡しながらタゲリを探すといいでしょう。堤防の上から田んぼ方向は昼間から夕方に逆光となってしまうので、堤防の上からタゲリを探す際は早朝か曇りの日などがおすすめです。

コジュリン公園周辺は冬に非常に多くの猛禽類が観察できるポイントで、猛禽が飛ぶとタゲリの群れが騒がしく飛び立つことがあるので、猛禽が飛んでいく先を探すのもいいでしょう。

関連記事:コジュリン公園で見られる野鳥と観察ポイント

 

スポンサーリンク

管理人がタゲリを観察した場所一覧

北印旛沼【千葉県】

北新田【千葉県】

今上耕地【千葉県】

コジュリン公園【千葉県】

稲敷【茨城県】

涸沼【茨城県】

渡良瀬遊水地【栃木県他】

浮島ヶ原【静岡県】

 

野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました