様々な野鳥情報を随時更新しています。

ハイイロチュウヒ

ハイイロチュウヒのおすすめ探鳥地

ハイイロチュウヒを探す際のポイント

ハイイロチュウヒは主に冬鳥として日本にやってきます。

チュウヒと名の付く通り、通常のチュウヒと同じく草原やヨシ原で見られますが、チュウヒより数が少なく観察頻度は低めです。ただし、ほとんどの場合、同じ場所に留まることが多いので一度見つけられれば冬の間はじっくりと観察を楽しむことができます。

ハイイロチュウヒの観察はチュウヒと同じく、夕方にねぐら入りするところのを狙うといいでしょう。ただしねぐらからは十分距離をとって観察しましょう。

また、メスはチュウヒによく似ているため識別には注意が必要です。

スポンサーリンク

渡良瀬遊水地【栃木県・群馬県・埼玉県・茨城県】

群馬県など四県にまたがる渡良瀬遊水地では冬にヨシ原でハイイロチュウヒを観察することができます。

ハイイロチュウヒは第一調節池で見られることが多く、ピーク時には調節池の周囲を囲むようにカメラが並びます。太陽の位置に合わせてヨシ原に帰ってくるハイイロチュウヒを見やすい位置で待ってみましょう。第一調節池の西側は道路が少し高くなっており、ヨシ原を広く見渡るのでおすすめです。

渡良瀬遊水地はハイイロチュウヒの他にも多くの野鳥が観察できる探鳥地なので、午前中に谷中湖や他の調節池で他の野鳥を探し、午後から第一調節池でハイイロチュウヒを探すといいでしょう。

 

甘田干拓【茨城県】

茨城県稲敷市にある甘田干拓では冬にハイイロチュウヒが越冬にやってきます。

冬の甘田干拓ではハイイロチュウヒと同じくバードウォッチャーに人気の猛禽類、コミミズクも高い確率で見ることができるので休日には多くのカメラが干拓地を取り囲みます。

特にねぐら周辺は人と車でごった返しているので、静かにハイイロチュウヒを観察したい場合は人混みから離れた場所で干拓地に戻ってくるハイイロチュウヒを待つといいでしょう。

ヨシのない少し開けた場所だとハイイロチュウヒが急降下したときに観察しやすいので干拓地を回ってヨシのない場所を探してみるのもおすすめです。

また、ハイイロチュウヒは同じ稲敷市内にある妙義ノ鼻のヨシ原でも見られることが多いので甘田干拓と併せて探してみるといいでしょう。

管理人がハイイロチュウヒを観察した場所一覧

渡良瀬遊水地【群馬県・栃木県・埼玉県・茨城県】

甘田干拓【茨城県】

過去にハイイロチュウヒの目撃例がある場所

手賀沼【千葉県】

北印旛沼【千葉県】

涸沼【茨城県】

北富士演習場【山梨県】

浮島ヶ原【静岡県】

朝霧高原【静岡県】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.