ヨシゴイ

ヨシゴイは主に夏鳥として、田園地帯や河川敷、ヨシ原などで見られます。名前の通りヨシ原を好んでおり、ヨシゴイの有名な生息地にはほとんどの場合、ヨシ原があります。

サギの仲間の中で最も小さく、ヨシに擬態をするためヨシ原の中にいてじっとしている場合は非常に見つけるのが難しい野鳥です。

普段は姿を見るのが難しいヨシゴイですが、初夏の繁殖期にはヨシ原の上空を飛び回るので観察しやすくなります。堤防の上などのヨシ原を広く見渡せる場所から、ヨシ原すれすれを飛ぶヨシゴイを探してみましょう。

飛んだ後はほとんどの場合ヨシ原の中に入ってしまいますが、たまにヨシ原の上の方や低木のてっぺんに止まることがあるので、ヨシ原の中に低木があったら要チェックです。

また、ヨシ原の際に止まって水中の獲物を狙う場合があるので、双眼鏡などでヨシ原の際のヨシと水面の境目をじっくりと探してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

北印旛沼【千葉県】

北印旛沼

千葉県北部にある北印旛沼では春から夏にかけて繁殖のために沼の周囲のヨシ原に多くのヨシゴイがやって来ます。

初夏に堤防の上からヨシ原を見渡せば、ヨシ原の上すれすれを飛ぶヨシゴイの姿を見ることができるでしょう。ヨシ原の中には低木もいくつかあるのでそれらにヨシゴイが止まるのを待つのもいいでしょう。

北印旛沼の西端、吉高用水排水機場横の橋の上からヨシ原の際で擬態したり獲物を狙っているヨシゴイを探すのもおすすめです。

北印旛沼の周囲はサイクリングロードにもなっているため、観察の際は自転車に十分注意しましょう。

手賀沼【千葉県】

千葉県北西部にある手賀沼では、初夏になると沼の周囲のヨシ原に多くのヨシゴイがやって来ます。

上記の北印旛沼に比べるとバスや電車によるアクセスも良いので、気軽にヨシゴイ観察を楽しむことができます。

道の駅しょうなんがある手賀大橋の周辺や、ヨシゴイの他にも多くの野鳥が観察できる手賀沼遊歩道を中心に探すといいでしょう。

時間があれば道の駅しょうなんなどで、自転車を借りて沼の周囲を一周すれば高い確率でヨシゴイを見れるのでおすすめです。

瓢湖【新潟県】

新潟県阿賀野市になる瓢湖では、初夏になるとハス畑にヨシゴイがやって来ます。

夏の瓢湖は歩いて一周することができます。瓢湖の周囲を歩きながら、双眼鏡などのハス畑を入念に探していきましょう。

見つけにくく観察しづらいヨシ原と違って運が良ければハスの上を歩くヨシゴイも見ることができます。そのためヨシゴイが隠れやすそうな場所だけでなく開けたハスの上も要チェックです。

 

管理人がヨシゴイを観察した場所一覧

北印旛沼【千葉県】

手賀沼【千葉県】

渡良瀬遊水地【栃木県他】

福島潟【新潟県】

瓢湖【新潟県】

 

スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました