ヤマセミが見られる生息地と探す際のポイント

ヤマセミが見られる生息地と探す際のポイント

ヤマセミは主に留鳥として山地の渓流やダム湖に生息している野鳥です。

カワセミの仲間なのでシルエットはカワセミに似ていますが、カワセミよりもかなり大きく、白と黒のコントラストが特徴的です。

警戒心が非常に強い野鳥で、ブラインドなどを使用しない限りは基本的に遠くからの観察になります。かなり距離があっても一歩動くだけで逃げてしまうこともあるほどなので、ヤマセミを見つけた際はできるだけその場から動かずに観察するといいでしょう。

ヤマセミは大きな声で鳴きながら飛ぶことが多いので、鳴き声が聞こえれば比較的簡単に見つけることができます。水面すれすれを飛ぶことが多いので、鳴き声が聞こえたら水面を中心に探してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

宮ヶ瀬湖・早戸川林道【神奈川県】

ヤマセミの生息地 宮ヶ瀬湖・早戸川林道

神奈川県の丹沢にある宮ヶ瀬湖には主に留鳥としてヤマセミが生息しています。

ヤマセミを探す際は宮ヶ瀬湖沿いを通る早戸川林道を歩きながら探すのがおすすめです。早戸川林道は宮ヶ瀬湖畔園地に隣接しており、林道の入り口が駐車場に直結しています。駐車場は朝9時から利用可能なので、駐車場の開場時間に合わせていくといいでしょう。早戸川林道は舗装されておりアップダウンもほぼありません。

ヤマセミの生息地 早戸川林道

早戸川林道

早戸川林道から湖面までは距離があり、水際まで降りられるポイントもないので、ヤマセミの観察は遠くからになることがほとんどです。そのため、ヤマセミの観察には高倍率の双眼鏡などがあると便利です。

また、早戸川林道周辺は春から夏にかけてヤマビルが大量発生するポイントでもあるので、ヤマセミの観察はヤマビルがおらず、林道周囲の木々の葉が落ちて湖面が観察しやすくなる冬がおすすめです。

スポンサーリンク

妙義湖【群馬県】

ヤマセミの生息地 妙義湖

群馬県安中市にある妙義湖には主に留鳥としてヤマセミが生息しています。

ヤマセミを探す際は中木ダムから旧国民宿舎裏妙技までの間を探すといいでしょう。妙義湖の周囲に人がいない時には、ヤマセミがブイの上に止まっていることもあるので要チェックです。

妙義湖は釣りのポイントとしても有名なので、休日など釣り人が多い場合はヤマセミが見られる可能性が低くなります。そのため、ヤマセミを探しに行くのは比較的人の少ない冬の平日などがおすすめです。ただし厳冬期は雪が積もるので、雪の降る前の初冬か雪解け後に行くのがいいでしょう。

関連記事:妙義湖で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

スマホ用野鳥識別アプリ

Picture Bird - 撮ったら、判る--1秒鳥図鑑
Picture Bird - 撮ったら、判る--1秒鳥図鑑
開発元:Next Vision Limited
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました