様々な野鳥情報を随時更新しています。

戦場ヶ原

戦場ヶ原

栃木県日光市にある戦場ヶ原は一部がラムサール条約に登録されている高層湿原です。

1年を通して多くの野鳥を観察できる栃木県内でも有数の探鳥地となっています。

5~6月の花の時期と秋の紅葉の時期の休日は非常に混雑することがあるので注意しましょう。

また冬は積雪がありますが三本松茶屋でスノーシューを借りることができるので、冬鳥の観察もおすすめです。

スポンサーリンク

自然研究路

戦場ヶ原では湯川沿いに自然研究路として木道が整備されています。

自然研究路の木道は戦場ヶ原でも特に野鳥を多く観察できる場所で、赤沼駐車場から湯滝間の木道を往復するだけでも戦場ヶ原に生息する野鳥のほとんどを見ることができるでしょう。

まずは赤沼駐車場入り口からから最初の分岐点の間にある小川をチェックしましょう。

分岐点までの道

ここは水深が浅く、野鳥が水浴びにやって来ます。冬にはイスカやアトリなどがよく見られるので小川とその周りの藪を注意深く探してみましょう。

小川周辺でよく見られるイスカ

 

最初の分岐を右に曲がると湯川と湿原の間を通る木道に出ます。

冬の木道

湯川には先ほどの小川と同じく野鳥が水浴びにやって来ます。流れが止まっている場所があれば、しばらく待ってみるといいでしょう。

湯川ではカモ類も多く見られます。一番数が多いのは冬ですが、夏にはオシドリやマガモが繁殖しているので探してみるといいでしょう。

一年中見られるマガモ

 

木道沿いの木々にでは小鳥類がよく見られます。

ヒガラやコガラ、ゴジュウカラなどは一年を通してよく見られ、観光客が多く人馴れしてるためか驚くほど近くで観察することができます。

木道周辺でよく見られるゴジュウカラ

 

木道には展望デッキがあり、湿原を一望することができます。

展望デッキ

春から夏にかけてやってくる戦場ヶ原の代表的な野鳥であるノビタキはここから探すのがベストです。

戦場ヶ原の代表的な野鳥、ノビタキ

ノビタキはカラマツやシラカンバの木をを飛び待っていることが多いのでそれらの木のてっぺんを中心に探すといいでしょう。

ノビタキはベンチに座って待っていると驚くほど近くまで寄ってくることもあるので、お昼休憩がてらにゆっくりと待ってみるのもおすすめです。

 

冬は湯川沿いの木道からキレンジャクやヒレンジャクが見られます。

キレンジャク

年による変動数はありますが、多い年にはヒレンジャクとキレンジャクの混群が湯川沿いの木々を飛び回る姿が見られるでしょう。

 

小田代原への道

赤沼駐車場から小田代原へ続く道も野鳥の多いおすすめスポットです。

小田代原までは木道もなく、多少のアップダウンもありますが、湿原の方に比べて人が少ないことが多いのでゆっくりとバードウォッチングを楽しむことができます。

ここでのバードウォッチングは春と冬がおすすめ。

春の林ではニュウナイスズメがよく見られます。

ニュウナイスズメ

戦場ヶ原は関東でも有数のニュウナイスズメの生息地なので是非観察したい野鳥です。

春先には巣材を探して地面に降りてくることも多いので、苔の生えた枯れ木などを中心に探してみるといいでしょう。

ニュウナイスズメが見られるような場所では夏鳥のコサメビタキもよく見られるので併せて探してみるのもおすすめです。

 

ビンズイの繁殖地としても有名な場所です。春には林内にビンズイのさえずりが響き渡ります。

ビンズイ

夏には幼鳥も混じって多くのビンズイを見ることができるでしょう。

 

冬は積雪もあり観察は大変ですが多くの冬鳥が見られる一年で最もおすすめの時期です。

マヒワは非常に多く、林の中を大群で移動する姿を見ることができるでしょう。

マヒワ

マヒワは小田代原への道以外でも自然研究路や三本松園地など戦場ヶ原のいたるところで見ることができます。

 

年によってはベニヒワが大群で飛来することもあるため、林の中で小鳥の群れを見つけたら要チェックです。

ベニヒワ

ベニヒワはマヒワの群れに混じっていることもあるのでマヒワの群れを1羽ずつチェックしておきましょう。

雪が解けてできた水たまりにはマヒワやベニヒワなどの小鳥が水浴びにやってくることがあります。

水浴びに来たベニヒワ

歩道や歩道の近くに水たまりを見つけたらしばらく待ってみるといいでしょう。

 

また小田代原への道は一年を通してキツツキ類が多く見られる場所です。

アカゲラをはじめとしてオオアカゲラもよく観察される場所なので探してみるといいでしょう。

数の多いアカゲラ

アカゲラやオオアカゲラを探す際は、葉が落ちて林の見通しが良い冬から春先がおすすめです。

オオアカゲラのドラミングの音は非常に大きいため、ドラミングの音を頼りに探すのもいいでしょう。

冬には留鳥として生息しているキバシリも非常に見つけやすくなります。

キバシリ

アカゲラやオオアカゲラと違って小さく、ドラミングもしないため見つけることは難しいですが、飛んできて木の幹の低い位置に止まって木を登っていくことが多いので、木の幹の下から中間あたりを重点的に探してみましょう。

 

管理人が確認した野鳥

アオジ
アカゲラ
アカハラ
アトリ
イスカ
エナガ
オオアカゲラ
オオタカ
オオバン
オシドリ
カケス
キバシリ
キレンジャク
ゴジュウカラ
コガモ
コガラ
コゲラ
コサメビタキ
ゴジュウカラ
シジュウカラ
トビ
ナキイスカ
ニュウナイスズメ
ノスリ
ノビタキ
ヒガラ
ヒドリガモ
ヒヨドリ
ヒレンジャク
ビンズイ
フクロウ
ベニヒワ
ホシハジロ
マガモ
マヒワ

おすすめの時期

通年

周辺の探鳥地

湯ノ湖、中禅寺湖、霧降高原

戦場ヶ原のブログ記事

2018年8月10日

2018年4月22日

2018年3月23日

2018年3月18日

周辺の宿泊施設

楽天トラベルで戦場ヶ原周辺のホテルを探す

じゃらんnetで戦場ヶ原周辺のホテルを探す

エクスペディアで戦場ヶ原周辺のホテルを探す

所在地・アクセス

住所:栃木県日光市中宮祠

最寄の高速出口:日光宇都宮道路「清滝IC」より約30分

駐車場:あり

トイレ:あり

全国の探鳥地

全国の探鳥地

PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.