浜離宮恩賜庭園で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

浜離宮恩賜庭園で見られる野鳥と観察ポイント

浜離宮恩賜庭園で期待できる主な野鳥
留鳥 
アオジ オナガ カワセミ メジロ
冬鳥 
カンムリカイツブリ ジョウビタキ ツグミ ハジロカイツブリ ユリカモメ カモ類
旅鳥 
ヒタキ類

東京都中央区にある浜離宮恩賜庭園は主に冬鳥の観察に向いている探鳥地です。園内には複数の池があり、多くの水鳥を観察することができます。

入園料がかかるため、コスモスや梅などの花の開花時期以外はそこまで人も多くなく、ゆっくりとバードウォッチングを楽しむことができます。

 

スポンサーリンク

潮入の池

浜離宮恩賜庭園で見られる野鳥と観察ポイント 潮入の池

潮入の池は園内に複数ある池の中で最も見通しがよく、水鳥の観察に適したポイントです。

池の周囲を遊歩道が通っており、中の島までは橋も架かっているため、カモ類などの水鳥を間近で観察することができます。

冬にはホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、コガモなど多くのカモ類を飛来し、時にはハジロカイツブリなどが入ってくることもあります。

浜離宮恩賜庭園で見られる野鳥と観察ポイント ホシハジロ

潮入の池のホシハジロ

 

潮入の池では平日などの人の少ない時間帯にはカワセミが見られることもあります。

潮入の池のカワセミ 浜離宮恩賜庭園の野鳥

潮入の池のカワセミ

視界を遮るものがほとんどない潮入の池はカワセミがいればとても良い条件でカワセミを観察することができるので、人の少ない時間帯を狙って探してみるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

新銭座鴨場・庚申堂鴨場

浜離宮恩賜庭園 庚申堂鴨場

庚申堂鴨場

園内には新銭座鴨場と庚申堂鴨場の二つの鴨場があり、ここでも多くの水鳥を観察することができます。

潮入の池に比べて見通しが悪く、野鳥との距離があることが多いですが、潮入りの池よりも人が少ないことが多く、じっくりと野鳥を観察することができます。

ここでもカワセミが見られることがあるので、池の周囲に飛び出している枝や杭などを中心に探してみるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

隅田川沿い

浜離宮恩賜庭園 隅田川沿い

公園の西側は隅田川の河口付近に隣接しており、冬にはカンムリカイツブリやユリカモメなどが見られるようになります。人が少なければ、岸の近くまで野鳥がやって来ることもあるので、平日の午前中などがおすすめです。

川沿いにはベンチもあるので、休憩しながらゆっくりと水鳥を観察するのもいいでしょう。

船の通り道にもなっているので、船に驚いて飛び立ってしまうと戻ってくるまで少し時間がかかることもあるので、その際は時間をおいて探してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

梅林・ぼたん園・お花畑

浜離宮恩賜庭園の野鳥 梅林

園内の北側には梅林やぼたん園などがあり、花の蜜や木の実、昆虫を好む野鳥が見られます。渡りの時期にはヒタキ類が見られることもあるのでじっくり探してみましょう。

梅林では梅の開花時期にメジロやヒヨドリがやってきて花の蜜を吸う姿が見られます。

浜離宮恩賜庭園 梅 メジロ

梅の木にやってくるメジロ

 

ぼたん園では秋に木の実を食べにオナガやシジュウカラヤマガラなどがよく見られます。

浜離宮恩賜庭園で見られる野鳥と観察ポイント オナガ

ぼたん園で見られるオナガ

スポンサーリンク

管理人が浜離宮恩賜庭園で確認した野鳥

アオサギ
アオジ
アカハラ
エゾビタキ
オオバン
オカヨシガモ
オナガ
オナガガモ
カイツブリ
カケス
カルガモ
カワセミ
カワラヒワ
カンムリカイツブリ
キンクロハジロ
ゴイサギ
コガモ
コゲラ
シジュウカラ
シメ
ジョウビタキ
スズガモ
ツグミ
トビ
ハクセキレイ
ハシビロガモ
ヒドリガモ
ヒヨドリ
メジロ
ヤマガラ
ユリカモメ

所在地・アクセス

東京都中央区浜離宮庭園

最寄駅:JR「新橋駅」から徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「汐留駅」から徒歩5分

駐車場:なし(障がい者用駐車場有)

トイレ:あり

 

野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました