北印旛沼の野鳥 大陸型のズグロのチュウヒ

北印旛沼

スポンサーリンク

先週の10月14日の月曜日に台風に飛ばされて迷鳥でも来ていないかと千葉県の北印旛沼へ行ってきました。

北印旛沼西端の吉高揚排水機場から探鳥を開始。

北印旛沼の水面はまだまだ寂しく、岸からかなり離れた場所をハジロカイツブリが1羽で泳いでいました。

ハジロカイツブリ

ハジロカイツブリ

距離がありすぎて黒い点にしか見えず。

 

カイツブリの幼鳥は岸のすぐ近くで羽繕い中。

カイツブリ

カイツブリ

 

ホオジロは相変わらず数が多く、いたるところで見られました。

ホオジロ

ホオジロ

 

稲刈りが終わった田んぼではキジが闊歩していました。

キジ

キジ

 

トビは魚を足で押さえつけながら器用に引き裂いて食べていました。

トビ

トビ

 

北側に行くと、クロハラアジサシがヨシ原の上を飛んでいましたが、突然のことでカメラは間に合いませんでした。

さらに大陸型のズグロのチュウヒも近くを飛んでいきましたが、これも双眼鏡で観察するのが精一杯。

しばらくその場で待っていると、来てくれたのはズグロのチュウヒではなくミサゴ。

ミサゴ

ミサゴ

ミサゴはすぐ近くをゆっくりと飛び回り、獲物を探している様でしたが、ダイブをすることはありませんでした。

 

ミサゴの次はオオタカが飛んできて遠くの木に止まってくれました。

オオタカとノスリ

オオタカとノスリ

双眼鏡で覗くとオオタカの向こう側にノスリも止まっていました。

 

普通のチュウヒはヨシ原の上空をゆらゆらと飛んでいました。

チュウヒ

チュウヒ

いくら待っても大陸型のズグロのチュウヒは戻ってこなかったので、あきらめてシギチでもいないかと北印旛沼の周囲の田んぼを捜索開始。

 

すると小雨の降る中タヒバリの群れに遭遇。

タヒバリ

タヒバリ

タヒバリの群れの中にはまだオレンジ色の夏羽が残る個体も見られました。

 

しばらく北印旛沼の周囲の田んぼをぐるぐると探し回っていると、遠くの田んぼの中に黒い塊が見えたので、少し近づいてみると大陸型のズグロのチュウヒでした。

大陸型のズグロのチュウヒ

大陸型のズグロのチュウヒ

 

近くで工事をしており、トラックや重機の音が鳴り響く中、ズグロのチュウヒは田んぼの真ん中でじっとしていました。

大陸型のズグロのチュウヒ

大陸型のズグロのチュウヒ

 

時折周囲を気にして首をグルグル回していたので、少し距離はありましたが何度か目が合いました。

大陸型のズグロのチュウヒ

大陸型のズグロのチュウヒ

 

その後はシギチを探して少し周囲の田んぼを探しましたが、見つけることができなかったのですぐに戻ると、ズグロのチュウヒはまだ同じ場所にいてくれました。

大陸型のズグロのチュウヒ

大陸型のズグロのチュウヒ

 

またしばらく観察していると体に着いた雨粒を払い落とすために全身を震わせていました。

全身を震わせる大陸型のズグロのチュウヒ

全身を震わせる大陸型のズグロのチュウヒ

 

全身を震わせた後すぐに、体が沈み込んだと思ったら飛んでいきました。

大陸型のズグロのチュウヒ

飛び立つ前の大陸型のズグロのチュウヒ

 

チュウヒはしばらく獲物を探して周囲の田んぼの上空を低空でゆっくりと飛び回りながら、最終的には遥か彼方へ飛び去って行きました。

獲物を探して飛び回る大陸型のズグロのチュウヒ

獲物を探して飛び回る大陸型のズグロのチュウヒ

 

スポンサーリンク

今回確認した野鳥

アオサギ
オオタカ
カイツブリ
カルガモ
カワウ
キジ
コガモ
シジュウカラ
タヒバリ
チュウヒ
トビ
ノスリ
ハクセキレイ
ハジロカイツブリ
ホオジロ
マガモ
ミサゴ
モズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました