ノジコの生息地と探す際のポイント

ノジコの生息地と探す際のポイント

 

ノジコは主に夏鳥として山地の林に生息しています。全身が緑~黄緑色で白いアイリングが特徴の野鳥です。

アオジに非常によく似た野鳥ですが、胸の模様がほぼ無いことと、白いアイリングが目立つので慣れれば簡単に識別できます。

ノジコは日本にやって来る夏鳥の中でも生息地が限られている野鳥なので、ノジコを探す際は過去に観察例がある場所を中心に探すといいでしょう。

さえずる時は枝先など目立つ場所でさえずることが多いので、ノジコを探す際は林縁などを中心に探すのがおすすめです。電線に止まってさえずっていることも多いので、要チェックです。

また、水浴びをよくする野鳥なので、林の中にある水たまりや小川の近くで待つのもおすすめです。

スポンサーリンク

富士山吉田口登山道【山梨県】

富士山吉田口登山道 ノジコ

富士山の山梨県側にある吉田口登山道では登山道の途中にある中ノ茶屋周囲の林にノジコが夏鳥として生息しています。

中ノ茶屋から先は舗装された道路と登山道が並行しているので、右側の登山道を進んでいくといいでしょう。中ノ茶屋からしばらくはアップダウンもほぼなく、明るい場所も多いのでノジコを探すのに適しています。中ノ茶屋からフジザクラの群生地付近までを往復しながら探すといいでしょう。

中ノ茶屋のすぐそばには川も流れており、ノジコが水浴びにやって来ることもあるので要チェックです。ノジコの他にもキビタキなどの他の夏鳥も水浴びにやって来る可能性があるおすすめポイントです。

登山道を登っていくと、大石茶屋跡辺りからコルリなども見られるようになるので体力に自信のある方は馬返しまで行ってみるのもおすすめです。

関連記事:富士山吉田口登山道で見られる野鳥と観察ポイント

 

スポンサーリンク

北富士演習場【山梨県】

北富士演習場 ノジコ

富士山の山梨県側にある北富士演習場にはノジコが夏鳥として生息しています。

ノジコは演習場周囲の林に生息しているので、外周路の林縁を中心に探すといいでしょう。外周路の電線に止まっている可能性もあるので、電線は要チェックです。電線ではアオジもさえずっていることが多いので識別には注意しましょう。

雨上がりには演習場の各所に水たまりができ、ノジコが水浴びにやって来ることがあるので、ノジコを探すのは雨が降った次の日もおすすめです。水たまりにはノジコの他にも多くの野鳥がやってくる可能性があるので近くに隠れる場所があるような大きめの水たまりを中心に探すといいでしょう。

関連記事:北富士演習場で見られる野鳥と観察ポイント

 

スポンサーリンク

中瀬沼探勝路【福島県】

中瀬沼

福島県の裏磐梯にある中瀬沼探勝路にはノジコが夏鳥として生息しています。

中瀬沼探勝路は一部木道も整備されており、非常に歩きやすくノジコを探すのに向いています。レンゲ沼~姫沼周辺が特にノジコが期待できるポイントです。

ノジコはシロヤナギの木にいることが多いので、沼沿いにあるシロヤナギの木を重点的に探すのがおすすめです。

中瀬沼探鳥路ではノジコの他にもオオルリやキビタキ、クロツグミにコサメビタキなどの夏鳥が期待できます。

 

スポンサーリンク

松之山【新潟県】

松之山 美人林 ノジコ

新潟県にある松之山はノジコの繁殖地として全国的にも有名な場所です。

大厳寺高原や美人林周辺などノジコを見られるポイントは多いので、場所を絞って探すといいでしょう。美人林のすぐ近くには森の学校キョロロがあり松之山の生態系を学べるので事前に訪れてみることをおすすめします。

特に林の中などでなくても松之山では道沿いなどでもノジコは普通に見られるので、移動の際も電線などに止まっていないかチェックしましょう。

松之山周辺はアカショウビンやブッポウソウ、サンコウチョウなど、夏鳥の中でも得人気の高い野鳥の生息地としても非常に有名なので、それらの野鳥も併せて探してみるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

戸隠森林植物園【長野県】

戸隠森林植物園 ノジコ

長野県長野市にある戸隠森林植物園にはノジコが夏鳥として生息しています。

園内には遊歩道が整備されており、一部はバリアフリーになっているため非常に歩きやすくなっています。小川の小径などノジコが好む水場の近くを中心に探すといいでしょう。

もちろん水場の周辺以外でもノジコは見られる可能性があるので、オオルリやキビタキなどの他の夏鳥も探しながら園内を回ってみるといいでしょう。

体力に自信のある方は植物園内を一通り回った後に鏡池の方まで足を延ばしてみるのもおすすめです。

 

スポンサーリンク

大谷地湿原【長野県】

大谷地湿原 ノジコ

長野県長野市の飯綱高原にある大谷地湿原では、湿原周囲の林にノジコが夏鳥として生息しています。

湿原の中には木道が通っているので、木道を歩きながら林縁の木々にノジコが止まっていないかチェックしながら探すのがおすすめです。もちろん、林の中も歩けるので、林縁にノジコが見られない場合は林の中で探すのもいいでしょう。

ノジコは電線に止まってさえずっていることもあるので、要チェックです。

大谷地湿原にはキビタキやニュウナイスズメといった夏鳥も生息しているので、ノジコと併せて探してみるといいでしょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました