様々な野鳥情報を随時更新しています。

アマサギ

アマサギのおすすめ探鳥地

アマサギを探す際のポイント

アマサギは主に夏鳥として日本にやってくるサギ科の野鳥です。

コサギやアオサギなど、他のサギ科の野鳥と同じく水田や湿地帯でよく見られます。

アマサギの名の通り夏羽はきれいな亜麻色になるためよく目立ちますが、冬羽は全身真っ白でチュウサギなどの他のサギ科の野鳥とよく似ているので識別には注意しましょう。

アマサギはコサギよりも小さいので、普段見慣れたサギよりも小さなサギの群れを見つけたら要チェックです。

アマサギは群れで行動していることが多いので、田んぼを広く見渡せる場所でサギの群れを探すといいでしょう。また、トラクターの後ろで掘り起こされたミミズなどを食べていることも多いので、動いているトラクターの周囲を探すのもおすすめです。(その際は作業の邪魔にならないように十分注意しましょう。)

 

スポンサーリンク

手賀沼【千葉県】

千葉県北西部にある手賀沼には沼の周囲に広大な田園地帯があり、春から夏にかけてアマサギがやってきます。

広大な田園地帯からアマサギを見つけるのは大変なので、手賀沼や手賀川の堤防の上から広い範囲を見渡しながら探すといいでしょう。

探す範囲が少し広いので、手賀沼の各所にあるレンタサイクルで自転車を借りてアマサギを探すのもおすすめです。

また、手賀沼の近くにある利根川沿いの北新田にも河川敷に田園地帯が広がっておりアマサギを観察できる可能性が高いので手賀沼周囲でアマサギが見つからない場合は併せて探してみるといいでしょう。

 

浮島ヶ原【静岡県】

静岡県の富士市から沼津市にまたがる浮島ヶ原では広大な田園地帯に春から夏にかけてアマサギがやってきます。

浮島ヶ原の田んぼには視界を遮るものがほとんどないので、高倍率の双眼鏡やフィールドスコープがあるとアマサギを探しやすくなります。

浮島ヶ原にはケリが多く生息しており、警戒心の強いケリの多い場所ではアマサギを始めとしたほかの野鳥が少ないことが多いので、ケリの少ない、もしくはいない場所を重点的に探すといいでしょう。

浮島ヶ原にはいくつか川が流れており、土手の上からは田んぼを見渡すことができるのでアマサギを探すのにおすすめの場所となっています。浮島ヶ原にはアマサギの他にもコサギやチュウサギなどの他のサギ類も多く、それらと一緒にいることも多いのでサギの群れを見つけたらアマサギが混じっていないか必ず確認しましょう。

 

管理人がアマサギを確認した場所一覧

手賀沼【千葉県】

北新田【千葉県】

稲敷【茨城県】

高浜干拓【茨城県】

浮島ヶ原【静岡県】

金武の田イモ畑【沖縄県】

PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.