様々な野鳥情報を随時更新しています。

コムクドリ

コムクドリのおすすめ探鳥地

コムクドリを探す際のポイント

コムクドリは主に夏鳥として日本にやってきます。

山地の林や湖沼の周囲の林でよく見られ、渡りの時期には群れで市街地の公園や電線に止まる姿が見られます。

木のウロやアカゲラやコゲラなどの巣穴を奪って営巣するため、繁殖期にはキツツキ科の野鳥が多い場所を探すのもおすすめです。

渡りの時期にはムクドリの群れに混じっていることが多いので、ムクドリの群れを見つけたらコムクドリが混じっていないか必ずチェックしましょう。コムクドリはムクドリに比べて全体的に白っぽく見え、ムクドリよりも少し小さいので混じっていれば比較的簡単に見つけることができるでしょう。

 

スポンサーリンク

葛西臨海公園【東京都】

東京都江戸川区にある葛西臨海公園では主に夏や渡りの時期にコムクドリが観察できます。

コムクドリは上の池と下の池の間の通路にあるミズキの実を食べに来ることが多いので、実の生っているミズキの木を中心に探してみるといいでしょう。

葛西臨海公園では公園の野鳥情報を鳥類園のスタッフの方がブログで発信しているのでチェックしてから向かうのがおすすめです。

リンク:葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ

 

手賀沼【千葉県】

千葉県北西部にある手賀沼では、沼の周囲の桜の木などにコムクドリがやってきます。

主に渡りの時期に見られることが多く、沼の北東にあり桜の木が多い手賀沼遊歩道などで探すといいでしょう。

コムクドリの群れは手賀沼周囲の道路沿いにある電線に止まっていることもあるので要チェックです。

手賀沼にやってくるコムクドリは渡りの途中に立ち寄るものがほとんどなので、長期間滞在する可能性は低く情報が出たら早めに向かうことをおすすめします。

 

北富士演習場【山梨県】

山梨県の富士山のすそ野に広がる北富士演習場では春から夏にかけてコムクドリが繁殖にやってきます。

演習場は草原が広がっていますが、コムクドリは各所にある松林で見られることが多いので、松林を中心に探してみましょう。

演習場内はムクドリの群れも多くいますが、ムクドリの群れは地面に降りることも多いのに対してコムクドリの群れは松林の上のほうを飛び回っていることが多いので木の上の方を重点的に探してみましょう。

また、北富士演習場は立ち入りできる日が限られているので必ず忍野村の公式ホームページで立ち入り日をチェックしてから向かいましょう。

リンク:忍野村公式ホームページ

 

管理人がコムクドリを確認した場所一覧

葛西臨海公園【東京都】

手賀沼【千葉県】

北富士演習場【山梨県】

八ヶ岳ふれあい公園【長野県】

鳥屋野潟【新潟県】

 

PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.