小櫃川河口

小櫃川河口で期待できる主な野鳥

留鳥 カワセミ シロチドリ ダイゼン

夏鳥 コアジサシ

冬鳥 オオジュリン チュウヒ ハマシギ

旅鳥 キアシシギ キリアイ ソリハシシギ トウネン メダイチドリ

千葉県木更津市にある小櫃川河口は広大なヨシ原や東京湾最大の干潟がある通年を通してバードウォッチングを楽しむことができる探鳥地です。

河口への入り口はゲートがあり、ここから徒歩で向かうことになります。

小櫃川河口 入口

干潟入り口のゲート

干潟までの道は狭く、夏には足元が見えなくなるほど草が生い茂ることがあるので、夏の暑い日でも長ズボンで行くことをおすすめします。

小櫃川河口 道

夏の河口までの道

また、潮が満ちている時には河口までの道が水没している可能性があるので長靴で行くと安心です。

足場の悪い場所もあるので三脚などを持っていく場合は十分注意しましょう。

小櫃川河口

干潟への道

 

スポンサーリンク

前浜・盤洲干潟

盤洲・前浜干潟

小櫃川の河口には干潮時に広大な干潟が出現します。東京湾最大の広大な干潟で干潮時には野鳥が分散して観察するのが大変なので、干潮から満潮になる時間帯に潮が満ちるのに合わせて海岸に近寄って来る野鳥を待ち伏せして観察するのがおすすすめです。

大きな流木など腰掛ける場所を探すか、砂浜に座って待つといいでしょう。

それでも野鳥との距離は遠いことが多いのでフィールドスコープや高倍率の双眼鏡があると便利です。

干潟は風が強いことが多く、砂浜の砂が巻き上げられて体が砂だらけになることもあるので、天気予報だけでなく風予報も事前にチェックしておくといいでしょう。

 

干潟ではほぼ一年中ダイゼンとシロチドリを観察することができるため、まずはこの2種類を探してみましょう。

シロチドリ 小櫃川河口

シロチドリ

ダイゼン 小櫃川河口

ダイゼン

渡りの時期にはダイゼンによく似たムナグロも見られるので、要注意です。

 

春と秋には多くの渡りのシギチドリが見られます。

キアシシギやソリハシシギ、トウネンなどが干潟の広範囲で採餌する姿を見ることができるでしょう。

トウネンの群れ 小櫃川河口

トウネンの群れ

 

時にはキリアイなどの比較的数が少ない野鳥が観察できることもあるので、シギチドリは1羽ずつじっくりチェックしていきましょう。

キリアイ 小櫃川河口

キリアイ

 

冬にはミサゴが河口周辺の上空を飛ぶ姿がよく観察されます。他の猛禽類もよく見られるためシギチドリが警戒して飛び去ったら上空をチェックしてみましょう。

 

スポンサーリンク

ヨシ原

ヨシ原 小櫃川河口

河口周辺にはヨシ原が広がっており、河口の干潟まではヨシ原の中を歩くことができます。

 

夏にはセッカ、冬にはオオジュリンなどを観察することができます。

オオジュリン 小櫃川河口

冬のヨシ原の主役、オオジュリン

風のない日には、ヨシ原の至る所からガサガサと音がするので音を頼りに野鳥を探すといいでしょう。

 

また、冬のヨシ原にはチュウヒが飛来し、ヨシ原の上を飛ぶ姿を観察することができます。

チュウヒ 小櫃川河口

ヨシ原上空を飛ぶチュウヒ

ゲート付近やヨシ原の干潟側など、ヨシ原を広く見渡せる場所から探してみるといいでしょう。

ヨシ原の中を通る小櫃川も干潮時には干潟が出現します。

小櫃川河口

ヨシ原の中を通る小櫃川

この干潟にもシギチドリがやって来るので必ずチェックしましょう。

 

 

川沿いにある枝や杭にはカワセミが止まっていることもあります。

カワセミ 小櫃川河口

杭に止まるカワセミ

 

スポンサーリンク

管理人が確認した野鳥

アオサギ
イソシギ
イソヒヨドリ
ウグイス
ダイサギ
オオジュリン
カワセミ
キアシシギ
キジ
キジバト
キリアイ
シロチドリ
セッカ
ソリハシシギ
ダイサギ
ダイゼン
チュウヒ
トウネン
トビ
ハマシギ
ヒバリ
ホオジロ
ミサゴ
ムナグロ
メダイチドリ
モズ

おすすめの時期

通年

周辺の探鳥地

袖ヶ浦公園、富津公園

小櫃川河口のブログ記事

2016年8月13日

周辺の宿泊施設

エクスペディアで小櫃川河口周辺のホテルを探す

楽天トラベルで小櫃川河口周辺のホテルを探す

じゃらんnetで小櫃川河口周辺のホテルを探す

所在地・アクセス

住所:千葉県木更津市畔戸

最寄の高速出口:東京湾アクアライン連絡道「木更津金田IC」より約15分

駐車場:干潟入り口ゲート周辺に駐車スペースあり

トイレ:なし

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました