袖ヶ浦公園で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

袖ヶ浦公園で見られる野鳥と観察ポイント

袖ヶ浦公園で期待できる主な野鳥
 留鳥 カワセミ ゴイサギ
 冬鳥 アオジ アトリ アメリカヒドリ カンムリカイツブリ シメ ノスリ ハヤブサ 猛禽類 カモ類
 旅鳥 キビタキ クロハラアジサシ
千葉市に袖ヶ浦市にある袖ヶ浦公園は園内に大きな池があり、主に冬鳥の観察に向いている探鳥地になります。
池・湿地・草原・林と野鳥が好む環境が一通りそろっており、様々な種類の野鳥を観察することができます。
大規模な公園ですが公園の規模に比べて駐車場が狭く、休日の昼間には駐車場が満車になることが多いので、バードウォッチングに行く際は午前中の早い時間帯がおすすめです。
スポンサーリンク

上池

袖ヶ浦公園で見られる野鳥と観察ポイント 上池

上池は園内にある複数の池の中で最も大きな池です。

池の周囲は歩道が通っており、歩いて一周することができます。

上池には冬になると非常に多くのカモ類が飛来します。中でも数多く飛来するヒドリガモの群れに混じって、アメリカヒドリが見られることもあるので、上池にいるヒドリガモの群れは1羽1羽チェックしていきましょう。

袖ヶ浦公園で見られる野鳥 アメリカヒドリ

ヒドリガモの群れに混じるアメリカヒドリ

また秋にはクロハラアジサシの群れが入ることがあります。

クロハラアジサシは池の上空を飛びながら採餌をしていることが多く、観察は大変ですが、遮蔽物のない池の上空で飛んでいれば見つけるのは簡単なので、しばらく観察して休憩のために杭や枝先に止まるのを待つといいでしょう。

袖ヶ浦公園で見られる野鳥 クロハラアジサシ

クロハラアジサシ

特に池の東側にある郷土博物館周辺のカワウが多いポイントはクロハラアジサシが休憩するのに向いている杭や枝などが多いので、必ずチェックしましょう。

スポンサーリンク

花見広場奥

 

袖ヶ浦公園で見られる野鳥 花見広場奥

花見広場の奥には低木林が広がっており、シジュウカラやメジロなどの留鳥の他に、冬はホオジロ、渡りの時期にはキビタキなどが見られることがあります。

袖ヶ浦公園 キビタキ

渡りの時期に見られるキビタキ

秋には野鳥の好む木の実が生る木も多いのでそれらの場所を中心に探すのもいいでしょう。

上空には小型の猛禽類が飛ぶこともあります。

 

スポンサーリンク

アスレチック広場

袖ヶ浦公園の野鳥 アスレチック広場

アスレチック広場の脇には水路があり、その奥には田園地帯が広がっています。

水路ではカワセミがよく見られるので、杭や枝先などを中心に探してみるといいでしょう。

袖ヶ浦公園で見られる野鳥 カワセミ

杭に止まるカワセミ

冬の水路ではカモ類が休憩していることが多く、上の池よりも近くで観察することができます。

アスレチック広場奥の田園地帯は、冬にハヤブサやノスリを始めとした猛禽類がよく見られるポイントです。

猛禽類は鉄塔に止まっていることが多いので、双眼鏡などで必ずチェックしましょう。

袖ヶ浦公園の野鳥 ノスリ

鉄塔に止まるノスリ

 

スポンサーリンク

万葉の里

袖ヶ浦公園 万葉の里

万葉の里には様々な樹木があり、野鳥の好む木の実が多くある場所です。

冬にはアトリの群れやシメが見られることがあり、それらの野鳥は地面で採餌していること多いので、木の上でだけでなく、地面も要チェックです。

袖ヶ浦公園 野鳥 アトリ

冬に見られるアトリ

万葉の里の中には小川が流れており、野鳥の水浴びや水飲みに適しているので、水場から少し離れた場所で野鳥が降りてくるのを待つのもいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

管理人が確認した野鳥

アオサギ
アオジ
アトリ
アヒル
エナガ
オオバン
オナガガモ
カイツブリ
カッコウ
カルガモ
カワセミ
キジ
キビタキ
キンクロハジロ
クロハラアジサシ
ゴイサギ
コガモ
コゲラ
シジュウカラ
ジョウビタキ
シメ
セグロセキレイ
ニワトリ
ノスリ
ハクセキレイ
ハシブトガラス
ハヤブサ
バリケン
ヒドリガモ
ヒヨドリ
ホオジロ
ホシハジロ
メジロ
モズ

 

袖ヶ浦公園のブログ記事

袖ヶ浦公園のブログ記事一覧

 

所在地・アクセス

住所:千葉県袖ケ浦市飯富

最寄の高速出口:東京湾アクアライン連絡道「袖ヶ浦IC」より約10分

駐車場:あり

トイレ:あり

野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました