新宿御苑

新宿御苑

新宿御苑で期待できる主な野鳥

留鳥 カワセミ ヤマガラ

冬鳥 オシドリ トラツグミ ルリビタキ カモ類

旅鳥 オオルリ キビタキ

新宿御苑は明治神宮と並んで、都心でも多くの野鳥が観察できる探鳥地です。

入場料がかかりますが、水辺から林まで野鳥の好む環境が一通りそろっているので、バードウォッチング初心者の方にもおすすめの探鳥地となっています。

他の都心にある探鳥地にも言えることですが、やはり野鳥の数が最も多くなる冬の探鳥がおすすめです。

スポンサーリンク

上の池・中の池・下の池

冬になると園内にある複数の池に多くのカモ類がやってきます。

ホシハジロやマガモが特に多く、各池で群れている姿を観察できます。

 

上の池ではオシドリが越冬することが多く、新宿御苑の公式マップにもオシドリが記載されているほど。

上の池

上の池

 

しかし、オシドリは枝の陰に隠れていることが多く、じっくり観察するには出てくるまで待つ忍耐が必要です。

オシドリ 新宿御苑の野鳥

枝の陰に隠れる上の池のオシドリ

 

中の池では、トモエガモが越冬に来ることがあります。

中の池

中の池

 

トモエガモは、マガモなどの他のカモの群れに混ざったいることが多いので、トモエガモを探す際はカモの群れを一通り探してみましょう。

トモエガモとマガモ 新宿御苑の野鳥

マガモに混ざって泳ぐ中の池のトモエガモ

もちろん中の池以外でも見られる可能性があるので他の池も要チェックです。

 

新宿御苑はカワセミの撮影場所としても人気で、下の池や中の池の畔で待っていれば、ダイブするカワセミを観察できる可能性があります。

カワセミ 新宿御苑

カワセミ

スポンサーリンク

御苑内には林が点在しており、シジュウカラやヤマガラが留鳥として生息しています。

千駄ヶ谷門の付近にある藪では冬にルリビタキやトラツグミが見られることもありす。

トラツグミ 新宿御苑の野鳥

千駄ヶ谷門付近のトラツグミ

トラツグミは、採食中なら食べることに夢中のためじっくり観察することができますが、藪の中は暗くて見難いうえに、体型の似ているシロハラが同じ場所にいることが多いので、見間違えないように注意しましょう。

 

スポンサーリンク

管理人の確認した野鳥

アオジ
オシドリ
カイツブリ
カルガモ
カワセミ
カワラヒワ
キセキレイ
キンクロハジロ
コサギ
シジュウカラ
シロハラ
チュウサギ
ツグミ,
トモエガモ
トラツグミ
ヒヨドリ
ホシハジロ
マガモ
ヤマガラ
ルリビタキ

周辺の探鳥地

明治神宮

新宿御苑のブログ記事

新宿御苑の野鳥 トモエガモ トラツグミ オシドリ

所在地・アクセス

住所:東京都新宿区内藤町11

最寄り駅:JR線、京王線、小田急線の新宿駅南口より徒歩約10分

JR総武線千駄ヶ谷駅から徒歩2分

最寄り高速出口:首都高速4号新宿線外苑より約5分

駐車場:あり

8:00~20:00(入車は19:00まで)普通車は3時間まで500円、以後30分毎に100円

トイレ:あり

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました