カワアイサ

カワアイサは主に冬鳥として日本にやってきます。名前に「カワ」と名の付く通り、大きな河川や湖沼など淡水域で見られることが多い野鳥ですが海水域でも見られます。潜水ガモの中でも大きい部類で、白い体は遠くからでもよく目立ちます。

カワアイサの生息地となっている広い湖などにはカモ達も多く見られることが多いですが、カワアイサはカモよりも一回り大きく、首やお腹の白色が目立つため、カモ達の群れに混ざっていても見つけるのはそれほど難しくありません。小さな群れを作って行動していることが多いので、水鳥の多い場所では白い小群を探してみるといいでしょう。

カワアイサの生息地となっている湖沼の近くでは、小さな河川や水路でも見られることがあります。こういった場所ではかなり近くでカワアイサを観察できる可能性があるので、探してみるといいでしょう。

潜水を繰り返すため、単独でいるカワアイサを観察する際は肉眼で水面の広い範囲を見渡しながら浮上したら双眼鏡などで観察するといいでしょう。

よく似ている野鳥にウミアイサがいますが、ウミアイサのオスは名前の通り海上や河口付近で見られることが多く冠羽が目立つので識別は簡単です。一方でメスはかなり似ているので要注意です。

関連記事:カワアイサとウミアイサの違いと見分け方

 

スポンサーリンク

渡良瀬遊水地【栃木県他】

谷中湖

4県にまたがる渡良瀬遊水地は冬に遊水池内にある谷中湖にカワアイサの群れがやってきます。

谷中湖は広大で三つのエリアに分かれているので、カワアイサを探す際は谷中湖に架かる橋の上からそれぞれのエリアを探してみるといいでしょう。谷中湖の中心には野鳥観察窓もあります。

谷中湖にはシルエットの似たカンムリカイツブリも多いので、遠目での識別には注意が必要です。

谷中湖では2月の上旬から干し上げが始まり、カワアイサの観察が難しくなるので、カワアイサの観察は干し上げ始まる前にするといいでしょう。

また、渡良瀬遊水地では、風の強い日は立っていられないほどの強風が吹くため、風予報はかならずチェックしてから向かうようにしましょう。

 

スポンサーリンク

東荒川ダム親水公園【栃木県】

栃木県塩屋町にある東荒川ダム親水公園には冬にカワアイサの群れがやってきます。

ダム湖は北側からしか観察できないため、カワアイサの群れが南側にいるとかなり遠くからの観察になってしまうので高倍率のフィールドスコープがあると便利です。駐車場のすぐ近くにある東屋の前がダム湖を広く見渡せるためおすすめです。

ダム湖内からカワアイサの群れが見難い場合は、公園を出て少し東に行った場所にある駐車場からもダム湖を望むことができるのでそちらからもカワアイサを探してみましょう。

カワアイサが見られる時期はダム周辺に雪が積もっていることが多いので、近くの栃木県民の森が発信している周辺の積雪情報をチェックしてから行きましょう。

 

スポンサーリンク

奥日光【栃木県】

栃木県の奥日光では湯ノ湖・湯川・中禅寺湖と冬にカワアイサが見られる探鳥地がそろっています。

奥日光は栃木県内でも多くの冬鳥が観察できる有数の探鳥地なので、カワアイサを探している間にも多くの野鳥を観察することができるでしょう。

特に戦場ヶ原の中を流れる湯川は川幅も狭く、川沿いを自然研究路の木道が通っているので、見つけるのは大変ですが、カワアイサがいれば湯ノ湖や中禅寺湖よりも近くで観察ることができるためおすすめのポイントです。

カワアイサは人の少ない時間帯の方が見られる可能性が高いので、平日の午前中などを狙っていくといいでしょう。

戦場ヶ原はスノーシューが必要なほど雪が積もる場合があるので、積雪状況は事前にチェックしておきましょう。

 

スポンサーリンク

山中湖【山梨県】

山梨県南東部にある山名湖には冬になるとカワアイサ群れがやって来ます。山中湖には水際を歩ける場所が何か所もあるので、水際から双眼鏡などで湖上を探すといいでしょう。時間帯によって順光の位置になる場所から探せばカワアイサを見つけやすくなります。

湖の周囲には各所に駐車場があるので、車で各駐車場を回ってカワアイサの群れを探すのもおすすめです。

山中湖の周囲にはヤドリギが非常に多く、レンジャクの飛来地としても有名な探鳥地なので、ヤドリギの近くでレンジャクを待ちながらカワアイサの群れを探すといいでしょう。

スポンサーリンク

管理人がカワアイサを確認した場所一覧

渡良瀬遊水地【栃木・群馬・埼玉・茨城県】

那須野が原公園【栃木県】

東荒川ダム親水公園【栃木県】

大野貯水池【山梨県】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました