コシアカツバメが見られる生息地と探す際のポイント

コシアカツバメが見られる生息地と探す際のポイント

コシアカツバメは主に夏鳥として河川敷や海岸沿いなどで見られる野鳥です。飛んでいる姿は数の多いツバメと非常によく似ているため、肉眼での識別は難しく、ツバメと誤認して見逃されることも多いので、双眼鏡などでしっかりとチェックするといいでしょう。

ツバメやイワツバメ、ヒメアマツバメなどと生息地が被ることが多く、それらの野鳥と混群を形成して飛び回る姿がよく見られます。コシアカツバメはオレンジ色の腰が分かりやすい識別ポイントなので、ツバメの混群を見つけたら腰の色に注目して探してみるといいでしょう。河川敷の土手の上など、飛んでいるツバメを上から見下ろせるポイントがおすすめです。ツバメたちが水飲みにやって来る広い池や大きな河川もコシアカツバメが見つけやすいポイントです。

ツバメよりも数は少ない印象ですが、ツバメが多く見られる場所ではコシアカツバメも生息している可能性も非常に高いので、ツバメしかいないと思っていた場所を今一度探してみるのもおすすめです。

スポンサーリンク

二ヶ領宿河原堰【東京都・神奈川県】

二ヶ領宿河原堰で見られる野鳥と観察ポイント

東京都狛江市と神奈川県川崎市の間にある多摩川の二ヶ領宿河原堰には主に夏鳥としてコシアカツバメが生息しています。

コシアカツバメは堰周辺の河川敷や多摩川上空を飛び回っているので、土手の上から河川敷を見渡したり、堰近くの水際から多摩川を見渡して探すといいでしょう。

二ヶ領宿河原堰は東京都側と神奈川県側の両方から河川敷に出ることができますが、コシアカツバメを探す際は登戸駅の徒歩圏内で昼間は順光で河川敷を見渡すことができる神奈川県側がおすすめです。二ヶ領せせらぎ館横の土手上からコシアカツバメが河川敷を探していくといいでしょう。

堰の下流側はコシアカツバメの水飲みポイントにもなっているので、柵沿いから観察するのもおすすめです。

関連記事:二ヶ領宿河原堰で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

観音崎公園【神奈川県】

コシアカツバメの生息地 観音崎公園

神奈川県横須賀市にある観音崎公園には主に夏鳥としてコシアカツバメが生息しています。

コシアカツバメは園内の林縁で羽虫を狙って飛び回る姿が見られるので、観音崎園地など上空を見渡しやすい園内の開けた場所で探すといいでしょう。

観音崎バス停前の駐車場は周囲に電線が多く、コシアカツバメが電線に止まる可能性があるので、バスや車で行く場合は最初に駐車場周囲の電線をチェックするといいでしょう。

観音崎公園には灯台や砲台跡などがあり、高台に登ることができます。高台の上は飛び回るコシアカツバメを見下ろしたり、目線の高さで観察できるポイントも多いので、最初に高台に登ってコシアカツバメが飛び回るポイントを探すのもおすすめです。

関連記事:観音崎公園で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

酒匂川河口周辺【神奈川県】

コシアカツバメの生息地 酒匂川河口周辺

神奈川県を流れる酒匂川河口周辺には主に夏鳥としてコシアカツバメが生息しています。

コシアカツバメは河口周辺の河川敷や酒匂川の上空を飛び回っているので、土手の上から広範囲を見渡して探すといいでしょう。その際は昼間に順光になる南側の土手の上から探すのがおすすめです。公共機関を利用していく場合は小田原東高校前のバス停で降りると徒歩5分ほどで河口の南側の土手の上に出ることができるので、そこからコシアカツバメはを探し始めるといいでしょう。

河口からJRの鉄道橋あたりまではコシアカツバメが期待できるので、その区間を往復しながら探していくといいでしょう。

酒匂川河口周辺の河川敷にはグラウンドや広場などがあり、休日には多くの人で賑わうので、コシアカツバメを探しに行く際は人の少ない平日がおすすめです。

関連記事:酒匂川河口周辺で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

栢山頭首工【神奈川県】

コシアカツバメの生息地 栢山頭首工

神奈川県を流れる酒匂川の中流域にある栢山頭首工には主に夏鳥としてコシアカツバメが生息しています。

コシアカツバメを探す際は昼間に順光で河川敷を見渡せ、開成駅から徒歩5分ほどとアクセスも良い酒匂川の西側がおすすめです。栢山頭首工の水際は立入禁止ですが、土手上の柵沿いから栢山頭首工を見渡すことができるのでそこからコシアカツバメを探すといいでしょう。

栢山頭首工付近以外は酒匂川の水際まで出られるポイントも多いので、それらの場所で酒匂川に水を飲みに来るコシアカツバメを探すのもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました