ササゴイの生息地と探す際のポイント

ササゴイの生息地と探す際のポイント

ササゴイは主に夏鳥として河川や、生息している野鳥です。沖縄などでは冬にも見られます。

魚を主食としているため、水深の浅い河川や湖沼の水際などでよく見られます。疑似餌を使って魚を捕ることもあり、熊本県の江津湖などは疑似餌漁をするササゴイが見られることで全国的に有名な場所です。

普段は水辺の近くの林にいることが多いので水際の木々に止まっていないか探してみるといいでしょう。ササゴイは夕方に活動することが多いといわれていますが、昼間に活発に狩りをすることもあるので、夕方以外も積極的に探してみましょう。

また、同じサギの仲間のゴイサギと非常によく似ているので識別には注意しましょう。

関連記事:ササゴイとゴイサギの違いと見分け方

スポンサーリンク

浮間公園【東京都】

ササゴイ 浮間公園

東京都の北区と板橋区にまたがる浮間公園は関東でも有数のササゴイの繁殖地として有名な場所です。

それほど大きな公園ではありませんが園内にはバードサンクチュアリが整備されており、サンクチュアリ内の林でササゴイが繁殖しています。そのためササゴイの観察はバードサンクチュアリの対岸から行うといいでしょう。そのためササゴイとは距離があることが多いので高倍率の双眼鏡などがあると便利です。

林縁の木々や浮間ヶ池の杭やブイに止まっていることが多いので、それらの場所を中心に探すといいでしょう。7月には巣立った幼鳥も加わり多くのササゴイを見ることができます。

また、浮間公園ではササゴイによく似たゴイサギもよく見られるので二種の識別の練習にはもってこいの場所です。

バードウォッチング以外の利用者も多い公園なので、ササゴイの観察は人の少ない早朝や平日がおすすめです。

スポンサーリンク

渡良瀬遊水地【栃木県他】

ササゴイ 渡良瀬遊水地 谷中湖

栃木県他四県にまたがる渡良瀬遊水地では、谷中湖や調節池にササゴイが夏鳥として生息しています。

谷中湖の水際で魚を狙っていることがあるので、比較的人の少ない平日に水際をチェックしながら谷中湖を一周して探してみるといいでしょう。

また、調節地に点在する小さな林の中にいることもあるので、水辺近くの木々はササゴイが止まっていないか要チェックです。

ササゴイは調節池のヨシ原の上を飛んでいることもあります。堤防の上などヨシ原を広く見渡せる場所で広範囲を見渡しながら待ってみるといいでしょう。遮蔽物のほとんどない調節池のヨシ原では、ササゴイの着地点を確認できることが多いので、飛んでいるササゴイを見つけたら着地点をしっかり確認しておきましょう。

スポンサーリンク

比屋根湿地【沖縄県】

ササゴイの生息地 比屋根湿地

沖縄県沖縄市の泡瀬地区にある比屋根湿地には主に冬鳥として湿地内にササゴイが生息しています。

ササゴイは湿地の中央にある岩場で見られることが多く、柵をブラインド代わりにして待っていればかなり近くまでやって来ることもあります。岩場は湿地の東西から見ることができるので、太陽の位置に合わせて順光の方から観察するといいでしょう。

比屋根湿地は沖縄屈指のシギチドリの探鳥地として有名な泡瀬干潟と隣接しており、満潮時にはシギチドリが湿地内に移動してくるのでササゴイを探す際は満潮の少し前から行うとササゴイの他にも多くの野鳥が観察でき、おすすめです。

ササゴイは湿地内の木々の中に隠れていることも多いので、その際は泡瀬干潟で探鳥しながら時間をおいて探してみるのもいいでしょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました