ミコアイサ

ミコアイサ

ミコアイサは主に冬鳥として湖沼や公園の池などにやって来ます。

ミコアイサのオスは白い体に目元が黒いことから「パンダガモ」の愛称で親しまれており、とても人気が高い野鳥です。

カワアイサやウミアイサなどの他のアイサと同じく採餌の際に長時間の潜水を行うので、他のカモの群れに1羽だけで混じっていると見逃してしまうことがあります。

そのため、他のカモの群れからミコアイサのを探す際は流し見ではなく広範囲を見つめながら浮上するミコアイサを探すといいでしょう。

ミコアイサのオスの真っ白い体は他のカモの群れにいると非常に目立つので、混じっていればすぐにわかるでしょう。

 

スポンサーリンク

北印旛沼【千葉県】

北印旛沼

千葉県北部にある北印旛沼には冬になるとミコアイサがやって来ます。

ミコアイサを探す際は沼の西側の吉高揚排水機場を拠点にするといいでしょう。ただしこのあたりの沼沿いはサイクリングロードになっており道幅も狭いため、観察の際は道の端に立ち三脚などの使用は控えましょう。

北印旛沼は千葉県内でも有数の水鳥の飛来地なので、多くの水鳥の中に混じるミコアイサを探すことになります。北印旛沼に生息している野鳥で、全体的に白っぽく見えるのはホオジロガモやカンムリカイツブリが少し白っぽく見える程度なので、カモの群れのか中にいる真っ白い点を見つけるようなイメージでミコアイサを探すといいでしょう。

渡良瀬遊水地【栃木県他】

渡良瀬遊水地 谷中湖

栃木県など4県にまたがる渡良瀬遊水地では冬になると主に遊水地内にある谷中湖にミコアイサがやって来ます。

レンタサイクルで自転車を借りて、谷中湖周囲や谷中湖に架かる橋、中の島からミコアイサを探すのがおすすめです。

運が良ければ岸の近くで潜水を繰り返すこともありますが、ほとんどの場合は岸から離れた場所にいるので、フィールドスコープや高倍率の双眼鏡があると便利です。谷中湖にはカンムリカイツブリやカワアイサなど、ミコアイサと同じく潜水を繰り返す野鳥が多く生息しているので混同しないように注意しましょう。

ミコアイサは谷中湖周囲の水路でも見られることがあります。こちらは谷中湖よりも近くで観察できる可能性が高いので、人が少ない場所を中心に探すといいでしょう。

 

瓢湖【新潟県】

瓢湖

新潟県阿賀野市にある瓢湖には冬になるとミコアイサの群れがやって来ます。

瓢湖は白鳥の飛来地として全国的にも有名な場所で白鳥が多く見られる明け方や夕方は観光客の方も多く観察しづらくなります。そのため、ミコアイサなどの白鳥以外の野鳥が目的の場合は白鳥も人も少なくなるお昼頃がいいでしょう。

寒さが厳しい場合は東新池にある白鳥の観察小屋からミコアイサを探すのがおすすめです。

新潟市には瓢湖の他にも福島潟や鳥屋野潟など、ミコアイサが観察できるポイントが多くあるので、ミコアイサの他に見たい野鳥に合わせて観察ポイントを変えるといいでしょう。

管理人がミコアイサを確認した場所一覧

北印旛沼【千葉県】

彩湖【埼玉県】

渡良瀬遊水地【栃木県他】

涸沼【茨城県】

波崎【茨城県】

山中湖【山梨県】

瓢湖【新潟県】

福島潟【新潟県】

鳥屋野潟【新潟県】

佐潟【新潟県】

スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました