彩湖で見られる野鳥と観察ポイント

彩湖で見られる野鳥と観察ポイント

彩湖で期待できる主な野鳥
 留鳥 イカルチドリ オナガ ガビチョウ ゴイサギ セッカ チョウゲンボウ
 夏鳥 オオヨシキリ イワツバメ ツバメ
 冬鳥 アオジ カンムリカイツブリ ジョウビタキ シロハラ タヒバリ ハジロカイツブリ ミコアイサ ヨシガモ カモ類 猛禽類

埼玉県の荒川沿いにある彩湖は1年を通して多くの野鳥が観察できる探鳥地です。特に冬鳥が多く見られる場所として埼玉県内でも屈指の探鳥地となっています。

彩湖は広大なのでここでは主に彩湖に架かる管理橋よりも北側の紹介をしています。

スポンサーリンク

彩湖

彩湖の野鳥 彩湖

 

湖上にいる水鳥を探す際は、彩湖の北東側や管理橋の上から探すといいでしょう。北東側は水際の柵沿いを歩くことができ、途中に東屋もあるので休憩しつつゆっくりと水鳥を探すことができます。

 

彩湖の湖上は冬になると多くの水鳥で賑わうようになります。

マガモやホシハジロ、キンクロハジロにヨシガモなどのカモ類を始め、カンムリカイツブリやハジロカイツブリなども見られるようになります。

特に人気の高い冬鳥であるミコアイサもやって来るので、湖上で目立つ白い体を探してみるといいでしょう。

彩湖の野鳥 ミコアイサ

ハジロカイツブリの群れの中にはミミカイツブリが混じっていることがあります。非常によく似た2種なので、ハジロカイツブリの群れを見つけたら高倍率の双眼鏡などで1羽ずつチェックしていくといいでしょう。

水際ではイカルチドリが見られることもあります。水位が少し下がっている時などに探してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

戸田ヶ原自然再生エリア

彩湖の野鳥 戸田ヶ原自然再生エリア

彩湖の北東側には夏にヨシやオギなどが生い茂る戸田ヶ原自然再生エリアがあります。

周囲の林では留鳥としてオナガや外来種のガビチョウなどが見られます。

初夏になるとヨシの中でオオヨシキリがさえずっていることがあります。ヨシ原の中に遊歩道が通っているので運が良ければかなり近くで見ることができるでしょう。

戸田ヶ原の北側にあるグラウンドの上空では夏鳥としてツバメやイワツバメが飛び回る姿も見られます。ツバメを観察する際はグラウンド沿いの土手上からだと飛んでいるツバメを目線の高さで観察することができるのでおすすめです。

冬のグラウンドではタヒバリの群れが採餌していることもあるので地面も要チェックです。

また、戸田ヶ原の南側にある駐車場にはヤドリギもあるので、冬にレンジャクが来ていないかチェックしてみるのもいいでしょう。

戸田ヶ原の上空ではチョウゲンボウが飛んでいる姿がよく見られます。周囲の野鳥が騒いでいたら上空を探してみるといいでしょう。

彩湖の野鳥 チョウゲンボウ

ホバリングするチョウゲンボウ

スポンサーリンク

ビオトープ

彩湖 ビオトープ 野鳥

彩湖の北西側にはビオトープがあります。

ビオトープの林では留鳥としてホオジロやスズメ、ムクドリなどが見られます。

また、ビオトープの林には留鳥として外来種のガビチョウが生息しています。ガビチョウは藪の中で鳴いていることが多いですが、時折ビオトープの林縁に出てきてムクドリなどに混じって地面で採餌している姿が見られます。

ビオトープの林では初夏に羽虫が飛び交うため、その羽虫を狙って多くのツバメがやって来るポイントになります。ツバメは近くの枯れ枝などに止まっていることもあるので、林の上空をツバメが飛び回っている際は周囲の枯れ木などをチェックしてみるといいでしょう。

冬になると、ジョウビタキやアオジ、シロハラなどが見られるようになります。

スポンサーリンク

管理人が彩湖で確認した野鳥

アオサギ
アオジ
イカルチドリ
イワツバメ
ウグイス
オオヨシキリ
オナガ
カイツブリ
カシラダカ
カワウ
カンムリカイツブリ
キジ
キジバト
キンクロハジロ
ゴイサギ
コガモ
コゲラ
コサギ
シジュウカラ
ジョウビタキ
シロハラ
スズメ
セッカ
タヒバリ
チョウゲンボウ
ツグミ
ツバメ
ドバト
トビ
ノスリ
ハクセキレイ
ハジロカイツブリ
ホシハジロ
ホオジロ
マガモ
ミコアイサ
ミミカイツブリ
ムクドリ
モズ
ユリカモメ
ヨシガモ

彩湖のブログ記事

彩湖のブログ記事一覧

アクセス

住所:埼玉県戸田市内谷

最寄り駅:武蔵野線「西浦和駅」より徒歩約15分

駐車場:あり

トイレ:あり

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました