新横浜公園で見られる野鳥と観察ポイント

新横浜公園で見られる野鳥と観察ポイント

新横浜公園で期待できる主な野鳥
 留鳥 カワセミ トビ バン モズ
 夏鳥 ツバメ
 冬鳥 オカヨシガモ ノスリ ミコアイサ カモ類

神奈川県横浜市にある新横浜公園は主に冬鳥の観察に適した探鳥地です。

公園の北側には大池があり、ここに越冬にやって来る水鳥の観察がメインになります。

横浜線の小机駅から新横浜公園まで歩いて5分ほどとアクセスも良いので気軽に水鳥が観察できるポイントです。

スポンサーリンク

大池

新横浜公園の野鳥 大池

公園の北側にある大池は、隣接する鶴見川に沿って公園の東端から西端まで伸びる大きな池です。

池には柵があり、柵沿いから水鳥を観察することができます。水際にヨシやガマがある場所でうまく体を隠して観察すると野鳥を近くで観察することができるので、柵沿いにヨシやガマが多い大池の西側がおすすめポイントです。

冬の大池には冬鳥の中でも特に人気の高いミコアイサがやって来ます。

新横浜公園の野鳥 ミコアイサ

大池のミコアイサ

大池は対岸までの距離がそこまで遠くないので、比較的近くでミコアイサを観察できます。前述のとおり、ヨシやガマをうまくブラインド代わりに使えばかなり近くでミコアイサを観察することができるでしょう。

ミコアイサの他にもオカヨシガモやハシビロガモなどのカモ類も多く見られます。亀甲橋下の突堤や、水門前などの大池を広く見渡せるポイントから探してみるといいでしょう。

新横浜公園 亀甲橋下の突堤

亀甲橋下の突堤

突堤の正面に見える小島は水鳥の休息ポイントになっているので、水面に水鳥が見られない場合はチェックしてみましょう。この小島は投てき練習場の方からも見ることができます。

また、大池や隣接する鶴見川の上空では偶にノスリなどの猛禽類も飛んでいることがあるので冬は上空も注意して探してみましょう。

 

大池では留鳥としてカワセミも見ることができます。

新横浜公園の野鳥 カワセミ

大池で見られるカワセミ

大池西側のヨシやガマのある場所や、突堤周囲の水際に枝が飛び出ている場所を中心に探していくといいでしょう。

 

春から夏にかけては大池の上空をツバメが飛び交います。ツバメは最寄りの小机駅の駅舎に多くの巣を作っており、改札を出ると駅の構内をツバメが飛び回っているので、電車で行く際はチェックして見るといいでしょう。

 

スポンサーリンク

管理人が実際に確認した野鳥

アオサギ
オオバン
オカヨシガモ
カワセミ
カワラヒワ
コガモ
コサギ
シジュウカラ
スズメ
ツグミ
ツバメ
トビ
ノスリ
ハクセキレイ
ハシビロガモ
バン
ミコアイサ
ムクドリ
モズ

アクセス

住所:神奈川県横浜市港北区小机町3300

最寄り駅:横浜線「小机」駅より徒歩5分

駐車場:あり

トイレ:あり

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました